コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

北京にアジア最大のごみ焼却発電所、10月稼働=エネルギー環境問題改善狙う―中国

配信日時:2012年3月7日(水) 6時47分
北京にアジア最大のごみ焼却発電所、10月稼働=エネルギー環境問題改善狙う―中国
画像ID  318303
4日、中国鉄鋼大手・首鋼集団は、北京市門頭溝区にアジア最大規模のごみ焼却発電所を建設すると発表した。写真は門頭溝区。
2012年3月5日、北京晨報によると、中国鉄鋼大手・首鋼集団の朱継民(ジュー・ジーミン)会長は4日、北京市門頭溝区にアジア最大規模のバイオごみ焼却発電所を建設すると発表した。今年10月に試運転を開始する。

朱会長によると、同発電所への投資額は20数億元(1元=約13円)。完成後のごみ処理量は1日平均約3000トン、年間約100万トン。09年に同市朝陽区に完成した高安屯生活ごみ焼却発電所(処理量1日1600トン)の倍近くに達する。焼却による発熱量は石炭換算で年間14万トンに相当。発電電力は門頭溝、石景山、豊台、海淀の市内4区に供給される。

これにより、ごみ処理の無公害化とエネルギー問題改善、汚染物質削減による環境保護推進が期待されている。(翻訳・編集/AA)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事