中国には日本が必要だ―米華字メディア

配信日時:2018年4月17日(火) 5時10分
中国には日本が必要だ―米華字メディア
画像ID  982477
14日、米華字メディア・多維新聞に、中国が局面を打開する上で日本が必要だとする、中国の民間シンクタンク・安邦諮訊によるコラムが掲載された。写真は東京タワー。
2018年4月14日、米華字メディア・多維新聞に、中国が局面を打開する上で日本が必要だとする、中国の民間シンクタンク・安邦諮訊によるコラム記事が掲載された。

記事は「2018年に入って時間が浅いが、東アジア地域ではホットな話題に事欠かない。朝鮮半島は不確定要素に満ち、トランプ米大統領は貿易戦争を仕掛け、南シナ海問題は遅々として解決しない。中国は地政学的な試練を迎えている。どうやら、これを突破するカギは、日中関係の改善にありそうだ」とした。

続けて「日中関係というと心中複雑になるが、1980〜90年代の中国のインフラ建設で日本から極めて大きな支援を得たように、これまでにも日本が中国の局面打開の手掛かりになってきた。では、今日本との関係を改善することで、どのような実質的な利益が得られるのだろか」とした。

そして、「日中関係の改善を最も快く思わないのはほかならぬ米国である」と指摘。「日中関係の改善は米国に驚きを与えることになる。日米同盟が打破されなくても日中両国は経済・貿易の協力を推進することは可能なのだ。市場レベルで見てもその条件は日増しに整いつつある。日本の多くの保険資金が中国市場での長期投資により安定的なリターンを得ようとしている。そして、日米間の貿易関係がうまくいっていないことも、日中間の貿易協力関係改善にとってチャンスだ」と論じている。

安邦諮訊の専門家である陳功(チェン・ゴン)氏は「現状、中国は一連の枠組みを取っ払って日本により近づくことを考えてもいい。今後の発展状況をみれば、日中両国間には小さな島の問題以外に大きな争いはない。日中両国がともに歩んで市場空間を拡大することは完全に可能だ。しかも、日中間のバランスは、中朝間、中ロ間のバランスにも関係してくるのだ」との見方を示した。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/04/17 23:00)

    いやあ、ムリムリ。 日本のボンクラ政治屋に、妖怪みたいな中共政府とマトモに交渉できる人材なんか居やしない。どうせまた美味しいとこだけ掠め取られて、日本は負債だけ抱え込んだ挙げ句に、中国を一つに纏めるための生贄にされるのがオチだよ。 日本側は日本側で、日中合意の上でせっかく「棚上げ」にしてた尖閣問題をほじくり出した、エセ愛国者の元都知事みたいなアホ右翼がウヨウヨしてるしな。 中国が民主化した上で、日本も世襲議員を規制しないと、Win-Winな関係を築けるような、まともな外交のできる人材なんか日中双方から出てこないよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/04/17 22:12)

    巨大な中国と日本政府が対等とは思わないが、中国政府が日本を認める事ができるのかが大切な事。 日本を疑ってばかり居たら日本と中国が友好関係に成っても無意味。 例えば新幹線も、友好国の日本から技術協力で貰ったと言えるなら進歩していくだろうが国内向けに高速鉄道は中国が起源だと言い張るなら日本政府は、反発はしないが中国政府のプライドを重視して何も言わないだろう。 共に歩む意思があるなら、日本の色んな分野の知識を中国に導入して海外向けの事業の質を向上させないと今のままでは、中国の商品は中国の物価が高過ぎて何所も購入してくれないだろう。 先ずはアジアを中国と日本とで利益の生み出せる拠点にしていくことが友好的関係に成るだろう。 日本は敵を作りたくない国だから中国が日本の友好国に成ったら無条件でアメリカも共に友好国となるだろう。 それが世界平和。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/04/17 22:00)

    日本政府は戦後から中国発展のために努力して来た。 だがそれ事態戦後賠償も兼ねているからこそ日本政府として全世界に自慢げに言う事ではない。 問題は中国がでか過ぎると言う事、日本政府の取り組みが実は日本の利益のために騙されているのではないかと中国は日本への疑心暗鬼から始まった。 だが中国政府の勝手な思う込みだ。 日本政府が誠意を見せたのだから中国政府がそれを受け入れるのかどうかというだけの事。 個人的に考えるのは、中国の物価率が上がったが現実の中国の質がその物価に追いついていないから日本の企業の力で中国の質を底上げしないと中国の向上心は消滅してしまう。 20年前月収が7万円しか貰えなかった人が今21万円貰えているが、本当に21万円の儲けを会社に貢献しているかという事。 これからの中国人の生き方が大切だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事