アモイ市が台湾優遇政策の「バージョンアップ版」を発表、台湾当局は「中国は民主国家ではない」と注意喚起―中国メディア

配信日時:2018年4月17日(火) 9時20分
アモイ市が台湾優遇政策のバージョンアップ版発表、台湾側は注意喚起
画像ID  982191
12日、観察者網によると、今年2月に中国政府が台湾優遇政策を発表したのに続き、福建省アモイ市が今月10日にそのバージョンアップ版を発表した。資料写真。
2018年4月12日、観察者網によると、今年2月に中国政府が台湾優遇政策を発表したのに続き、福建省アモイ市が今月10日にそのバージョンアップ版を発表した。

アモイ政府が発表した台湾優遇措置は計60項目で、主に「小中学校」「青少年」「科学研究機構」「高等教育」「台湾企業」の5分野に分けられるという。具体的には、修士以上の学歴であれば、仕事を始めて1年過ぎると3万元(約51万円)の補助金を受け取ることができ、博士なら5万元(約85万円)、特殊技能を持つ人材なら毎年30万元(約510万円)を最高150万元(約2550万円)まで受け取れる。さらに葬儀費用の免除もあるという。

また、台湾同胞のために毎年5000の就職または実習の職位を用意し、1年間に限り毎月500元(約8500円)の補助金を支給する。海外から初めてアモイに来る台湾の実習生には、交通費補助として2000元(約3万4000円)を支給するという。

記事によると、こうした台湾優遇政策をアモイメディアは「生まれてから死ぬまで優遇」と表現している。北京大学で学ぶ台湾人学生の王祐慶(ワン・ユーチン)さんは、「アモイで仕事をしたいと思っている台湾人青年にとって、大きな助けになる。この優遇政策は確かに良いので、アモイに行こうという気持ちになる」と語ったという。

一方で、こうした優遇措置に台湾の大陸委員会は、台湾と中国は違うことを強調しているという。大陸委員会は11日、「アモイ市が発表した措置は優遇されているように見えるが、台湾とアモイ市の間に存在する制度、法規、生活環境、市場、及び理念や価値観の違いを見過ごすべきではない」と指摘した。

大陸委員会はさらに「台湾は、経済、文化、社会の各方面でアモイ市に勝っており、中国はアモイ市のような優遇政策で台湾民衆を引き寄せようとしているのかどうか、さらに観察する必要がある」とも述べている。そして「中国は、いわゆる『民主自由社会』ではない。台湾民衆は実際の状況や先の見通しをよく理解し、慎重に判断する必要がある。わずかな恩恵のために中国の統一戦略や台湾融合政策に乗るべきではない」と注意を喚起した。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/17 20:30)

    >台湾優遇政策をアモイメディアは「生まれてから死ぬまで優遇」と表現している しかし『中国政府の意志次第でいつでも中断する優遇』である。優遇が一生涯約束されたわけではない。〈蜘蛛の糸〉にぶら下がっているようなもので、いつ地獄に墜ちてもおかしくない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • law***** | (2018/04/17 16:35)

    中国は民主化せず、国内または国際問題が絶えずに起きている。中国が民主化できれば、人類平和への希望が見えるはずである。世界の民国は台湾の改憲を支持すべきであり、中国を民主化に導くことが出来れば、世界中の 50 カ国で圧迫されている人々を解放し、それによって世界平和が誕生するわけである。全世界の民主国家は恒久的な平和と発展の道を明るくするために、台湾がアジアにおける民主主義の灯台になることを支持すべきである。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事