高畑勲監督の「火垂るの墓」、中国人はどう評価しているのか

配信日時:2018年4月13日(金) 17時20分
高畑勲監督の「火垂るの墓」、中国人はどう評価しているのか
画像ID  981858
映画監督の高畑勲さんが今月5日に亡くなった。高畑さんの代表作「火垂るの墓」は、中国人にどのように評価されているのか。資料写真。
映画監督の高畑勲さんが今月5日に亡くなった。中国では、大小さまざまのメディアが高畑さんの死を悼む記事を連日配信している。

中国国営の新華社は7日、「日本アニメの巨匠、高畑勲が逝去 代表作は火垂るの墓」と題する記事で高畑さんの功績を紹介した。北京青年報は「高畑勲を失い、宮崎駿はどれだけ寂しいのだろうか」と題する記事を掲載。東映時代からの2人の関係性について詳しく伝えている。

高畑さんの訃報を受け、日本テレビは急きょ13日の「金曜ロードSHOW!」で「火垂るの墓」の放映を決めた。高畑さん、そして宮崎駿のジブリ作品は中国でも非常に人気が高く、多くの中国人が一度は見たことがあると語る。では、高畑さんの代表作「火垂るの墓」は中国人にどのように評価されているのか。

中国コミュニティーサイト・豆瓣(douban)の映画レビューでは、10点満点で8.7点という高評価を獲得している。最高の5つ星(強くおすすめ)を付けたユーザーは52.2%に上り、最低の1つ星はわずか1.1%だった。また、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の同作のページでは、最高の5つ星を付けたユーザーは68.4%にも上った。

ネットユーザーからは、「素晴らしくて涙を誘う」「2回は見られない」「感動したけど、つらくて耐えられない」「戦争の残酷さは想像できるようなものじゃない」といったコメントが寄せられ、中には高畑さんが亡くなったことについて「この巨匠を記念する最良の方法は、彼の作品を振り返ることだけ」としのぶユーザーもいた。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/04/16 01:55)

    戦争は良くない。 もう二度と同じ過ちは起こしたくないし起こさない。 中国の南京で戦死者が10人だろうと2万人だろうと戦争なんて好い事など何も無い。 何十万人亡くなっても家族が独り亡くなっただけで、その人の人生は最悪なのだから、だから日本人の一人としてただただ戦争は申し訳ありませんでしたと言う事しかできません。 戦争して親友には成れなくても日本政府は、中国の国民が日本人並みの生活環境に成れる様に日本国民と共に努力をする。 戦後直ぐ戦後賠償を破棄してくれた中国に対して日本政府は、戦後賠償の変わりにODA・技術協力・インフラ整備をして来た。 そしてやっと戦後半世紀以上過ぎてやっと中国が日本の生活水準を超えた。 これで戦後賠償が終わったとしても日本国民は中国政府が日本の戦争を許すまで、謝るしかない。 だが今の日本政府は困っている。 日本政府が支援して来た事を中国政府は隠して置いて欲しいのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事