日本人女性が「南京事件」が起きた南京で道を聞いてみた、結果は…?―中国

配信日時:2018年4月9日(月) 15時50分
9日、環球網は、「日本人女性に道を教える南京市民の動画がネットにアップされ、これに日本メディアが関心を寄せた」と報じた。
2018年4月9日、環球網は、「日本人女性に道を教える南京市民の動画がネットにアップされ、これに日本メディアが関心を寄せた」と報じた。

旧日本軍による南京事件の場となった南京市で撮影されたこの動画は新興メディアが企画した「実験」の様子を記録したもの。「日本から旅行で来ました。地下鉄駅に行きたいのですが…」と道を尋ねる女性に対し、南京の人々は「あっちにありますよ」などと親切に答える。さらに「あなたは南京の方ですか?南京の人に手助けしてもらえるとは思っていませんでした」という言葉には「日本人だからという理由、南京大虐殺があったからといって、そんな考え、今ではほとんどの南京市民が持っていませんよ」「南京の人は友好的ですから」「日本人だから危険な目に遭うということは絶対にありません」などの返事が。

また、「南京の人は日本人のことが嫌いだと思っていました。だから少し緊張していたんです」と話す女性に、「大丈夫、大丈夫。あなたたちの世代とは関係のないこと」との言葉が返されるシーンもあった。

この新興メディアは、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への動画掲載に当たって「多くの人は、日本人を前にした南京市民が『憎しみ』を抱くと考えるのではないだろうか。しかし動画の中の人々は自身の行動で『歴史を忘れることは裏切りだが、歴史を心に刻むことと永遠に憎み続けることは別物』ということを教えてくれた」とのコメントを寄せており、実際に動画を見たネットユーザーからも「涙がこぼれた。歴史を忘れることはできないけど、われわれは友好であるべき」「歴史を覚えておくことと隣国の人々に親切にすることは別問題。戦争を一般の人たちのせいにするべきではない」などの声が上がっている。

また、環球網は9日付の記事で「日本のNHKがこの動画を取り上げた」と紹介し、動画の内容とともに再生回数が300万回を超えたことなどが伝えられたと説明している。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ran***** | (2018/04/11 22:08)

    第二次上海事変の報復として始まったのが南京攻略戦。 南京事件では、安全区に逃げ込んだ革命軍の兵士が便衣兵となって破壊活動を始めたために、日本軍は彼らを摘発し処刑したが、その際に多数の民間人が中国側兵士と間違われて処刑された可能性がある。 しかし、民間人を故意に狙って大虐殺した記録は、日本に対して敵対的であった南京安全区国際委員会の記録の中にすら発見できていない。 現在では、欧米においても、証拠を重視する歴史家たちは、南京で民間時を大量虐殺した証拠はないとするところで、意見の一致をみている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/04/10 13:36)

    いい動画でした!プラスに働く物っていいですね~
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 探検隊***** | (2018/04/10 08:44)

    大部分の方は、中国に行ったことが無いとお見受けしました。 自分で確かめないとわからないんですよね、こういう事って。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事