米中貿易摩擦、中国人観光客が減少すれば米国旅行産業に打撃―米華字メディア

配信日時:2018年4月10日(火) 5時20分
米中貿易摩擦、中国人観光客が減少すれば米国旅行産業に打撃
画像ID  980477
米中が互いに追加関税や報復関税を課すなど、貿易摩擦がエスカレートしているが、その影響は米国の旅行産業にも及ぶ可能性がある。写真はニューヨーク。
2018年4月7日、米華字メディア・世界日報によると、米中が互いに追加関税や報復関税を課すなど、貿易摩擦がエスカレートしているが、その影響は米国の旅行産業にも及ぶ可能性がある。

トランプ大統領は対中貿易赤字の削減を求めているが、旅行産業においては中国の貿易赤字が目立っている。2016年の時点で中国人観光客の米国滞在中の消費額は330億ドル(約3兆5300億円)に上るが、それと比べると米国人観光客の中国滞在中の消費額は50億ドル(5350億円)と少なく、中国の赤字は際立っている。

米商務省旅行観光局は、22年には米国を訪れる中国人観光客が450万人に達すると予測している。個人消費水準が16年よりも10%上昇すると見込んだ場合、滞在中の消費額は560億ドル(約6兆円)に上ることになる。

しかし、貿易摩擦で米中間の取引が減少すれば、人の往来にも影響が生じることは必至。米国を訪れる中国人観光客が減少すれば、旅行産業には多大なマイナス影響が生じることになる。

すでに在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐって中国人の韓国旅行が激減した前例があり、中国の出方を甘く見るべきではないと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Yam***** | (2018/04/15 17:31)

    アパホテルの教訓から学ぶといい。中国人や韓国人がいなくなると、他の外国人が戻ってくる現象がある。逆にいうと、中国人や韓国人が増えたために観光地から他の外国人が減ってるということ。例えば、サイパンやグアムの観光統計を見れば一目瞭然。特に、韓国人のマナーのひどさが目につき、今や日本人観光客がグアム島から離れてしまった。最近の中国人客は、韓国人と違いマナーが格段に良くなった。中国人と韓国人を同じ大陸人とみなさない方がいいかも。中国人は韓国人よりはるかにいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 二十世***** | (2018/04/11 15:56)

    【確かに、世界中で中国人観光客の数は多い。しかも100M先からでもそれとわかる。かつて日本人が、眼鏡をかけ写真機をぶら下げてエコノミックアニマルとかセ〇クスアニマルとアジアで呼ばれたのとはスケールが違う。】
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2018/04/10 11:14)

    中国人観光客が居なくなって困ってるのは韓国くらいじゃないか?  少なくとも日本は中国人観光客が居なくなってくれることを望んでいるよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事