日本で開発された一人暮らしの女性のための防犯商品、中国ネットで話題に=「素晴らしいアイデア!」「かぶったらどうする?」

配信日時:2018年4月6日(金) 22時40分
日本で開発、一人暮らし女性用の防犯商品、中国ネット「素晴らしい」
画像ID  979933
5日、人民網の微博アカウントは、日本の不動産会社が開発した一人暮らしの女性向けの防犯システムを紹介した。 資料写真。
2018年4月5日、人民網の微博アカウントは、日本の不動産会社が開発した一人暮らしの女性向けの防犯システムを紹介した。

記事が紹介しているのは、レオパレスが一人暮らしの女性向けに開発した商品「マンオンザカーテン」。記事は「日本の東京には無数の女性が1人暮らししており、多くの犯罪者のターゲットになっている。悲劇の発生を防ぐために、ある企業が『カーテンに映る男性』を打ち出した。これを使うことで、外から見るとまるで家の中にパートナーがいるように見える。一人暮らしではない状況を擬似的につくることで、犯罪者に目をつけられないようにするのだ。このアイデアには孤独感を感じる一方で、得も言われぬ温かみも感じる」としている。

紹介されたデモンストレーション動画では、小型のプロジェクターに接続したスマートフォンを操作し、カーテンに向けて男性のシルエットを投影している。新聞などを読んだり、掃除をしたり、トレーニングをしたりといった影像が用意されており、外から見ると本当に部屋の中に人がいるように見える。

中国のネットユーザーもこのアイデアに高い関心を示しており、人民網の紹介記事には公開から約半日で1万件近い「いいね!」がついた。また、1500件以上のコメントが寄せられており「素晴らしいアイデアだ」「悪くないと思う。なんかちょっと怖いけど」「思いやりのあるアイデアだ」「これは、すごく“いいね!”だ」との称賛が出ている。

一方で、「動きが単調だとバレちゃうから、バリエーションを増やさないとね」「これ宣伝しちゃったら、犯罪者にもこの仕組みが知れちゃうよね」といった意見のほか、最も多く見られたのが「もし同じ建物で、同じ男の人の影が同じ動作をしていたら…」という指摘だ。また「それよりも、治安対策を強化するほうがいいのではないか」との声もあった。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/07 08:04)

    >「動きが単調だとバレちゃうから、バリエーションを増やさないとね」「これ宣伝しちゃったら、犯罪者にもこの仕組みが知れちゃうよね」 室内で泥棒と鉢合わせしたら『自分の生活はそんなに単調だったのか』と、間違われたことの方がショックかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<