中国から韓国への直接投資が6倍増=「中国との関係が回復したおかげ」と韓国メディア

配信日時:2018年4月5日(木) 9時20分
中国から韓国への直接投資が6倍増=「関係回復のおかげ」と韓国報道
画像ID  979512
4日、今年1〜3月の中国から韓国への直接投資が前年同期に比べ6倍近く増加したことを受け、韓国メディアは「中国との関係が回復したおかげ」と報じているという。資料写真。
2018年4月4日、中国メディアの環球網によると、今年1〜3月の中国から韓国への直接投資が前年同期に比べ6倍近く増加したことを受け、韓国メディアは「中国との関係が回復したおかげ」と報じているという。

記事によると、韓国・聯合ニュースは4日、韓国産業通商資源部からの情報として、今年1〜3月の海外から韓国への直接投資は前年同期比28.1%増の49億3000万ドル(約5250億円)となり、うち中国からの直接投資は10億5000万ドル(約1118億円)で前年同期比541.4%増となったことを伝えた。

産業通商資源部は、中国からの投資が急増したことについて「昨年12月の韓中首脳会談を機に経済交流が回復に向かい、直接投資も大きく伸びた」と説明した。

欧州連合(EU)からの直接投資は18億7000万ドル(約1991億円)で前年同期比114.0%増加。米国の対韓投資は102.3%増の7億4000万ドル(約788億円)。日本からの投資は3億7000万ドル(約394億円)で9.6%減少した。

産業通商資源部は「外国企業による韓国への投資は増加傾向を維持するとみられる」とした一方で、「米中貿易摩擦の長期化に伴う世界的な貿易規模の減少や、米国の金利引き上げによるグローバルM&A市場の萎縮など、懸念も依然として存在する」と説明している。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事