大谷翔平の初登板、野球人気ない中国でも報じられる

配信日時:2018年4月3日(火) 12時40分
大谷翔平の初登板、野球人気ない中国でも報じられる
画像ID  979113
2日、中国のスポーツメディア・騰訊体育は、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手がメジャー初登板初勝利を挙げたことを報じた。資料写真。
2018年4月2日、中国のスポーツメディア・騰訊体育は、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手がメジャー初登板初勝利を挙げたことを報じた。

大谷は1日(現地時間)に行われたアスレチックスとの試合に先発し、6回3安打3失点で初勝利を挙げた。記事は、米スポーツ専門メディアESPNの報を引用し、大谷が挑戦している打者と投手の「二刀流」のすごさについて紹介。1シーズンで少なくとも5試合に先発し、しかも少なくとも5試合に野手として出場した選手としては、1947年にデビューしたニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)のクリント・ハータング以来であると伝えている。

また、メジャーで1シーズンに10勝以上し、かつホームランを10本以上打った選手はベーブ・ルースしかいないとし、日本で同様の記録を達成している大谷にさらなる期待が高まっていると紹介した。一方で、1日の勝利により投手ではすでにメジャーで通用することが証明されたものの、打撃に関しては「チームはより多くの辛抱が必要かも知れない」とし、もう少しアジャスト期間が必要との見方もあるとした。

中国ではサッカーやバスケットボールの人気が高い一方で、ほとんど普及していない野球に対する関心はかなり低く、以前、一部の中国メディアでは「野球は見ても分からない」などとも報じられた。しかし、日本の若武者が米国の大舞台で活躍する姿に、中国メディアや中国のネットユーザーも関心を寄せているようだ。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のMLB公式アカウントには、数こそ少ないながらも中国のネットユーザーから「すごいね」「どうやら春季キャンプの姿はフェイクだったようだ」「がんばれ、ヒーロー」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事