タイが新たな高速鉄道計画、日中欧が受注競争へ―中国メディア

配信日時:2018年3月28日(水) 16時20分
タイが新たな高速鉄道計画、日中欧が受注競争へ
画像ID  977079
タイ・バンコク近郊にある3カ所の国際空港を接続させる新たな高速鉄道の建設計画が閣議で承認された。日中欧三つどもえの激しい受注競争が予想されている。資料写真。
2018年3月28日、環球網によると、タイ政府は27日、首都・バンコク近郊にある3カ所の国際空港を接続させる新たな高速鉄道の建設計画を閣議で承認した。

バンコク東部のハイテク産業集積地「東部経済回廊」を通るインフラを整備し、海外からの回廊への投資を促すことも狙いで、日本メディアは「計画には日本や中国、フランス、ドイツなどの企業が関心を示しており、今後は激しい受注合戦が展開される可能性がある」と伝えている。

タイメディアによると、この高速鉄道はバンコク近郊のドンムアン空港、スワンナプーム国際空港、ウタパオ国際空港を結ぶ。全長220キロ、最高速度は時速250キロが想定されている。建設費は2000億バーツ(約6760億円)。民間の資金を活用する官民パートナーシップ(PPP)事業とし、国際入札を実施した上で、2022〜23年の開通を目指すという。

タイ政府はバンコク東部のチャチューンサオ県とチョンブリー県、ラヨーン県を東部経済回廊地域に指定し、経済発展の起爆剤と位置付け、日本など海外の先端企業の誘致に力を入れている。3空港が接続されれば利便性は大幅に高まる。高速鉄道をカンボジア国境周辺まで延伸させる計画もあるという。

なお、タイ国内の高速鉄道は、バンコクと北部のチェンマイを結ぶ路線は日本の新幹線方式が採用され、バンコクから東北部のナコーンラーチャシーマーを結ぶ約250キロの路線は中国が協力して建設されることになっている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hig***** | (2018/03/28 19:45)

    ちょっとケチ付けるようで・・・ 日本で50年前に新幹線構想が出てきたとき、 「そんなものいらない、大金使ってちょっと早く着いて 何の得があるか」というような議論があった。 まぁそれを乗り越えて新幹線が出来たが、タイ初め 他のアジア諸国にはまだ新幹線はいらない。7000億 もの大金使ってその費用対効果を考えたか。あれは先進国で のみ効果が発揮できる。もっと学校だの道路だの他の施設が 不十分なのだから、こんな高価なものに貴重なカネ使うな。 愚かにもほどがある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2018/03/28 18:13)

    タイは高速鉄道を作る前に治水工事から始めた方が良いと思う。 どんなに綺麗な鉄道を作っても、ちょっとした雨で駅から出たら膝まで浸かる様な水溜まりで碌に道も歩けもしないような状態じゃ先進国には程遠い。 今までだってメコン川の氾濫でどれだけの被害を出して来た? あんなんじゃ何処の国からも企業進出して来なくなるよ。 2011年のメコン川氾濫で日本企業だけでも数千億円の被害が出ている。ニコンやカシオ、その他にもホンダやトヨタや自動車部品を扱った多くの工場が半年以上操業停止に追い込まれた。 東京だって元々は水捌けの悪い土地柄で台風シーズンにはそこらじゅうの河川で氾濫を繰り返していた。それを江戸時代からの治水工事で、人口河川を作り、護岸工事を繰り返して来た。都内の川なんて殆どが人工河川だ。そこ迄してやっと克服出来たんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<