中国人客戻らず、免税・旅行業界に冷風=「春が来たのに春らしくない」と嘆く韓国メディア

配信日時:2018年3月28日(水) 13時20分
中国人客戻らず、「春が来たのに春らしくない」と嘆く韓国メディア
画像ID  976960
27日、中国メディアの海外網は、韓国を訪れる中国人観光客の減少が続き、免税・旅行業界に冷風が吹いていることを受け、韓国メディアが「春が来たのに春らしくない」と漢詩の一句を用いて嘆いていると報じた。写真は韓国・金浦国際空港の免税店。
2018年3月27日、中国メディアの海外網は、韓国を訪れる中国人観光客の減少が続き、免税・旅行業界に冷風が吹いていることを受け、韓国メディアが「春が来たのに春らしくない」と漢詩の一句を用いて嘆いていると報じた。

記事が韓国・ニューシスの報道を引用して伝えたところによると、2月の訪韓中国人観光客は34万5341人で、前年同月比41.5%減少したことが、韓国観光公社と新韓金融投資証券が25日に発表した統計で明らかになった。

ニューシスは、免税業界関係者から「高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備をめぐり悪化した中国との関係に改善の兆しが現れているという話もあるが、実際に体感された変化は全くないのが現実だ」などの声が出ているとした上で、中国人観光客の急減により、業界1位のロッテ免税店は昨年第2四半期、重症急性呼吸器症候群(SARS)事態以降14年ぶりの四半期当たり赤字となったことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事