コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国深センの原発が旧データのまま稼働、グリーンピース原因究明求める―放射能漏れの心配はなし

配信日時:2012年2月2日(木) 6時28分
中国深センの原発が旧データのまま稼働、グリーンピース原因究明求める―放射能漏れの心配はなし
画像ID  313187
1日、中国広東省の大亜湾にある嶺澳原子力発電所がデータ更新を怠ったまま稼働していたことが発覚した。写真は嶺澳原子力発電所。
2012年2月1日、人民網によると、中国広東省深センの大亜湾にある嶺澳原子力発電所がデータ更新を怠ったまま稼働していたことが発覚したと、香港の文匯報が伝えた。同原発は香港からわずか50kmの場所に位置している。

嶺澳原子力発電所を運営している大亜湾核電運営管理公司のウェブサイトによれば、発覚したのは3日前。同発電所3号機が古いデータのまま稼働されていることに職員が気づき、即座にデータの更新を行った。放射能漏れは起きておらず、稼働にも影響はないとされている。事故は人為的なミスによるものだが、国際原子力事象評価尺度(INES)ではレベル0(ゼロ)の範囲になるという。

大亜湾にある大亜湾原子力発電所(1〜2号機)と嶺澳原子力発電所(1〜4号機)はいずれも2011年にはレベル1以上の事故を出していないが、国際環境NGO・グリーンピースは「今回の事故で人為的なミスは避けられないことが明らかになった」と指摘。放射能漏れが起こらなかったのは偶然に過ぎないとし、原因究明と情報の公開を求めている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事