長崎市の小型モノレールが素晴らしいと中国ネットで話題に=「なんて人に優しいんだ」「年をとったらこういう町に住みたい」

配信日時:2018年3月22日(木) 12時0分
長崎市の小型モノレールが素晴らしいと中国ネットで話題に
画像ID  973743
19日、中国版ツイッター・微博に、長崎市の斜面移送システムについて紹介する投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は長崎市。
2018年3月19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、長崎市の斜面移送システムについて紹介する投稿があった。

投稿者は、「長崎市の地形は高低差が大きく、少なからぬ住民が山の上に住んでいる。ますます深刻になる高齢化に対応するため、長崎市は市内3カ所に斜面移送システムを設置。市民は無料で利用できる」と紹介した。

これは、長崎市が2002年から04年にかけて設置した懸垂型の小型モノレール「てんじんくん」「さくら号」「水鳥号」のことだ。高齢者や通院中の人、乳幼児がいる家庭など、階段の歩行が困難な人は、市に申請・登録することで無料で利用できるという。

このシステムに対し、中国のネットユーザーからは「なんて人に優しいんだ」「人間本位なんだな」「国は国民のために存在するということだな」「これこそ人民に仕える政府がやるべきこと」など、称賛するコメントが多く寄せられた。

また、「これは重慶市にぴったりだ」「重慶市や青島市でも試してみていいと思う」などの意見もあった。重慶市と青島市はいずれも長崎市同様、斜面地の多い都市だ。他にも「年をとったらこういう町に住みたい」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事