日本人と友達付き合いする際のタブー、中国人とは真逆の考えも―中国コラム

配信日時:2018年3月20日(火) 6時50分
日本人と友達付き合いする際のタブー、中国人とは真逆の考えも
画像ID  973193
中国のコラムサイト・騰訊大家は17日、「中国人と日本人が友達付き合いする際のタブー」と題したコラムを掲載した。資料写真。
中国のコラムサイト・騰訊大家は17日、「中国人と日本人が友達付き合いする際のタブー」と題したコラムを掲載した。以下はその概要。

2017年6月末時点で日本に在留する中国人(台湾を含む)の数は76万人を超え、日本国籍を取得した華人などを加えると92万人に達する。文化が似ている日中の国民が友達付き合いすることは自然なことである。中国人と日本人は見た目も似ているため、日本語が流ちょうな中国人であれば日本で外国人に間違われることはないだろう。ただ、友達付き合いにおいては日本人と中国人で真逆と言ってよい違いがある。

中国では、友達のためにわが身を犠牲にすることが美徳との考えもある。歴史小説「隋唐演義」で秦叔宝が幼なじみの程咬金の代わりに罪を被ろうとする行動から、秦叔宝は友達付き合いにおいて義理堅い代表的な人物とされている。現代において秦叔宝のような人物は少ないと思うが、「ともに困難を乗り越える」友達付き合いは依然として重視されており、友達が困っていたらできるだけのことをするのが中国人の一般的な友達付き合いといえる。

では、日本人の場合はどうか。日本では「人さまに迷惑をかけない」という考えが強く、それは友達に対して当てはまる。秦叔宝と程咬金を例にすると、元々罪を犯したのは程咬金のため、友達である秦叔宝に迷惑をかけたということになる。程咬金をトラブルメーカーと捉え、罰を受けるのは当然という考え方もできるのだ。

日本人は人さまに迷惑をかけないように気を付けると同時に、誰かに迷惑をかけられることを嫌う。失業した人が友人に仕事の紹介を頼んだことが原因で関係を断ち切られたケースや、親友に家賃を借りたことで親友と連絡が取れなくなったケースなど、似たような事例は多い。これらから、自分が困った時に友達に助けを求めることで、友達が困惑することもあるということが少なからず分かる。同時に、「自立せず、人に迷惑をかけるやつ」というレッテルを貼られてしまう可能性もある。

以上のことから、中国人が日本人と友達付き合いする際のタブーは「迷惑をかけること」であることが言える。日本人と友達付き合いする際は、「困難をともに乗り越える」ということを追い求めるのではなく、「楽しい時間をともに過ごす」関係を築くべきだ。(翻訳・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/24 06:27)

    日本人と中国人の人間関係。 中国人は、友情を日本人に見える様に示す。 日本人は、友情は見えない様に示すから中国人は、日本人は冷たいと思い込んでトラブルになる事が多い。 例えば 友人が困っている事があったら本人の見えない所で解決して本人には自分が解決した事など口にしない。 良く行く中華料理屋で、友人の李さんにテレビのニュースで、中国人が事件起こしたからと全くの他人なのに中国人は、危ないとか騒ぎ立てて友人を困らせた男達が居た。 僕は、後日その男達が居たので怒った。そしてもう二度と言わない事を確認して李さんをその店に連れて来た時、その男達と会ったが何もトラブルには成らなかった。 李さんが嫌な奴が居たが、今日は良かったと言っていたので笑っていた。 僕が居ない日に、李さんが奥さんを連れてその店に行ったら男達が李さんに謝りに来たらしい。 次の日会社で、李さんが僕に水臭いと怒って来た。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事