「福島の原発事故の後、私は反省しました…皆さんはどう思う?」=先生の質問に誰も答えることができなかった―中国人学生

配信日時:2018年3月11日(日) 13時10分
時が止まった福島の写真を見て思うこと―中国人学生
画像ID  969194
東日本大震災から7年が過ぎた。長江大学の梅錦秀さんは、偶然見た福島の写真と日本語の授業から、「それまでよくわからなかった」という「人生の意味」を感じ取ったようだ。
東日本大震災から7年が過ぎた。長江大学の梅錦秀さんは、偶然見た福島の写真と日本語の授業から、「それまでよくわからなかった」という「人生の意味」を感じ取ったようだ。以下は梅さんの作文。

その他の写真

先日、たまたま福島県の写真を見て、何か心境が変わったような気がする。ズラッと並んでいる車が緑の植物に取り囲まれている。学校の図書館の本が散らかっている。商店の棚が倒れぐちゃぐちゃになっている。体育館に大穴が開いている。牧場の裂かれた地面が無言のまま地震の怖さを伝えている。教室の黒板に当日の時間割が残り、時間がその時のまま止まったようだ。

「チャンスがあれば、私は福島に行きたい」。私の話を聞いて、友達はすぐからかった。今福島と言ったら、誰もが原発事故の恐ろしい出来事を頭に浮かべるものだ。しかし、私は自分もみんなも福島と全然関係がないと思うことが出来ない。

ある日本語の授業で「インドの旅」という文章を習った。その文章は1980年代のインドを扱っていて、電気もちゃんとした家もなく、路傍で日に2ルピーで生きる庶民の姿を描いている。現代生活にすっかり馴染んだ私は、そんな生活をもちろん受け入れない。先進国の日本のように、便利且つ快適な生活をすることこそ、私たちがずっと憧れている理想的な生活だ。だから、作家が日本の快適な生活を批判するのがあまり理解出来なかった。

しかし、先生の説明を聞いて、私はちょっと自分の安易な考えに不安になってしまった。「実は、福島で事故が起こった後、私は反省しました。今の東京の生活様式は本当にいいですか?東京では街灯がならんでいて、夜でも昼のように明るいです。しかし、あんなにエネルギーを使い放題にしていて本当にいいですか?皆さんはどう思う?」。教室はしんとしてしまって、誰も答えることができなかった。

文章の中で「ひたすら快適さを追い求めた」という言葉を見て、爆買いに夢中な中国人の姿、80年代の日本経済の繁栄、福島の風景が頭に浮かんで、私はますます迷ってしまった。80年代、日本はバブル経済を迎えた。その繁栄のなかで「お客さまは神様」という言葉さえ生まれた。あまり日本文化を知らない中国人でもこの言葉に馴染んでいると思う。しかし、残念なことに、中国では顧客だけがこの言葉を受け入れたようだ。製造業には問題が絶えない一方、海外へ行って自分が神様になったつもりで、思う存分に振る舞う。そうした中国人の観光客のマナー違反がしばしば指摘される。

この言葉自体、私は良くないところがあると思うのだ。客の満足を追求した結果、資源の浪費に繋がることは容易に想像できるだろう。スーパーで商品を何重にも包むとか、レストランで割り箸を使うとか、夜になっても煌々と明るい電気とか、誰でも当たり前だと思って、資源をどんどん使うようになった。本当にそういう必要性があるのか。確かに、経済の発展、国民の生活水準を上げるために、その道を歩まざるをえないが、それは限りなく高い生活水準を求めることとイコールではないと思う。

しかし、世の中は依然として前に進んでいて、中国人は快適な生活を求めるために日本に殺到し、自分たちが4年半前、放射能対策に先を争って一所懸命塩を買いだめしていたことはすっかり忘れたようだ。

社会の発展はあまりにも早くて、私は自分ひとり置き去りにされてしまうのを怖がって、ひたすら走って追いかける。しかし、常に走っている私たちは周りの影響を受けやすく初心を忘れがちだ。時々、ゆとりを手に入れても物質的なものにしか目が向かない。止まったのは福島県の避難地域だけだ。白い防護服を着た2万人の作業員たちが除染作業を行っている。そこを大切な故郷として、大切な思い出を持っている人々は今馴染みのない町で避難生活を余儀なくされている。生活の意味とか、人生の意味とか、昔は、考えてもわからなかった。しかし、その時間が止まった街の写真を見て、私はなんだかわかったような気がするのだ。(編集/北田

※本文は、第十二回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「訪日中国人『爆買い』以外にできること」(段躍中編、日本僑報社、2016年)より、梅錦秀さん(長江大学)の作品「爆買い以外でしたいこと」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/03/12 13:01)

    昨日、田原総一朗の激論!クロスファイアという番組を見た。 テレビ朝日の番組だが(と言えば、右の人はそれだけで嫌悪感を示すんだろうが)、司会の田原総一朗は長年自民贔屓の報道をしてきた人物だ。 その番組にて城南信金元理事長現相談役の吉原毅氏と、柏木孝夫東京工業大学特命教授の対談だ。 私が見た感想を簡単に言うのなら、そう難しい事はない。内容は「環境問題を含み、経済的観点から原発即時廃止の上、自然エネルギーにシフトすべき」という経済人である吉原氏の主張と、あくまでも「原発事故は将来の技術革新に問題解決を託し、原発を稼働させていくべき」という柏木教授の主張の対決だ。 まあ、つべなどで動画も出回っている可能性は高いので、どちらが正しいかは自分で見て判断するといいと思う。 ただ、私個人の感想で言うのなら、軍配は経済人である吉原氏に挙がった。 世の中に自称経済人は多いが、吉原氏に勝る人物もそう居ないだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2018/03/11 19:49)

    予備電源について日本の電力会社は最低限の決まりを守ればそれでよしと考えている まともな頭なら更なる予備を準備する  低脳が経営すると国土を失う 帰宅困難というが帰宅できるのは1万年後
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2018/03/11 14:55)

    日本の原発では呼び電源への対処がいまだ不足気味 ましてや福島では何もないと同様を放置し 国土消失を引き起こした東電経営陣 天災ではなく人災というべき
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事