ドイツ人はナチスの歴史をどのように記憶しているか―独メディア

配信日時:2018年2月20日(火) 23時0分
ドイツ人はナチスの歴史をどのように記憶しているか
画像ID  961944
18日、独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは「ドイツ人はナチスの歴史をどのように記憶しているか」と題する記事を掲載した。写真はポーランドのシュトゥットホーフ強制収容所跡。
2018年2月18日、独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは「ドイツ人はナチスの歴史をどのように記憶しているか」と題する記事を掲載した。

記事は「ドイツでは被害側も加害側も、1933年から45年までのナチス時代を体験した人はますます減っている」とし「ナチスを知る人がいなくなっていく中、その歴史をドイツ人たちはどのように心に刻んでいるのだろうか」とした。

記事によると、対立や暴力を学際的に分析しているビーレフェルトの研究機関がこのほど、報告書を発表した。アンドレアス・ジック所長によると、16〜92歳の1000人余りを対象に、ドイツ人の歴史を振り返る方法などを調べたという。

それによると、第2次世界大戦中に家族が加害者だったことを認めた人は17.6%で、18%は潜在的な被害者だったとし、54%は自分の家は被害者だったと答えた。一方で、「自分は何もしなかったがユダヤ人虐殺に今も罪悪感を抱き続けている」と答えた人はわずか10%だったという。

ドイツでは、義務教育でナチスドイツの歴史を学び、多くの人が実際にホロコーストが起きた場所に立つ記念碑や博物館を訪れている。自国の歴史に関心を持っている人も半数に上るという。

一方で、調査では、同じく約半数の人が「同じように歴史を繰り返してしまうのではないか」という懸念を抱いていることも分かった。記事は「歴史をどのように振り返り、どのように伝えていくべきか、この調査で問題が提起された」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<