中国の対外投資額が3カ月連続で増加

配信日時:2018年2月14日(水) 19時40分
画像ID 
商務部(省)が13日に発表したデータによると、2018年1月には中国国内の投資家が世界99カ国・地域の海外企業955社に対し、非金融分野の直接投資を行い、実行ベース投資額は累計695億1千万元(1元は約17.0円)に達し、前年同期比30.5%増となり、3カ月連続のプラス成長になった。 人民日報が伝えた。

商務部対外投資・経済協力司の韓勇商務参賛は、「対外投資の産業構造が最適化を続け、採鉱業の対外投資が急速に増加した。採鉱業への投資は37億5千万ドルで同792.6%増加した。また、リース・ビジネスサービス業への投資は同14.4%増、卸売・小売業は同24.2%増、住民サービス・その他のサービス業は同163.6%増だった」と述べた。

1月における各主管部門が登録(認可)した対外投資企業は749社に達し、中国側の合意した投資額は120億3100万ドルに上った。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<