【ミスコンの参加者募集のお知らせ】
ミス・マンダリン・ジャパン・コンテスト2018(日本华语小姐大赛)
“あなた”の周りにいる中国語を話す可愛らしい女性、美しい女性を是非ご推薦ください!
詳細はコチラから

中国で制度改正、「日本式住宅」が増える可能性―米華字メディア

配信日時:2018年2月15日(木) 7時50分
中国で制度改正、「日本式住宅」が増える可能性―米華字メディア
画像ID  960037
13日、米華字メディア・多維新聞は、中国政府が日本産木材を建築構造材料として使用することを認めたことで、中国国内で日本式の住宅施工が増える可能性があると報じた。資料写真。
2018年2月13日、米華字メディア・多維新聞は、中国政府が日本産木材を建築構造材料として使用することを認めたことで、中国国内で日本式の住宅施工が増える可能性があると報じた。

その他の写真

中国政府はこのほど「木構造設計規範」を改正し、今年8月より日本産のスギ、ヒノキ、カラマツ材を梁や柱など建物の構造材料として使用することを認める。

記事によると、日本の木材輸出振興協会が2010年より中国側と同規範の改定に向けた折衝を行ってきたとのことで、中国側が日本の木材強度が一定の基準を満たすと認定したことで、規範の改定に至ったという。同規範ではさらに、日本で主流になっている「木造軸組工法」の基準も新たに設けられた。

記事は「持続的な経済成長により、中国の建築業は活況を呈している。中国では鉄筋コンクリート建築が主体だが、木造建築の快適性や美しさに対する評価が高まっている。また、中国では17年に商業目的による天然林伐採が全面的に禁止されており、これも中国で日本の木材が歓迎される要因の一つになっている」と分析。別荘や伝統建築、公共設備といった建築物において、日本の木材にビジネスチャンスがもたらされるとした。

昨年、日本の木材輸出額は320億円と前年比で30%増加した。そのうち40%は中国に輸出されているが、その多くは付加価値の低い丸太での輸出だった。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2018/02/15 12:53)

    衰退しかけている日本の林業が活気をとり戻すのは良いことだが。 調子に乗せて、中国のイナゴに日本を禿山にされる事がないように警戒が必要。 過剰な受注に関しては規制の検討も必要になるかも。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/02/15 10:04)

    2016年、韓国で日本のスギやヒノキが大人気だと 記事になった事がある。 日本原産の植物に「日帝残滓」といちゃもんを付けては 伐採しまくりやがるくせに、 スギやヒノキはいいのかよ、と思った記憶がある。 今度は中国で人気になるのか? 成長が早く、花粉が飛ぶスギを中韓に輸出するのは結構だが、 ヒノキはもったいない。 あの素晴らしい価値が分からない人種どもには。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事