ヒースロー空港の免税店、「中国人客だけ差別」を謝罪―中国メディア

配信日時:2018年2月13日(火) 11時50分
ヒースロー空港の免税店、「中国人客だけ差別」を謝罪
画像ID  959583
13日、中国のネット上にこのほど、英ロンドンのヒースロー空港の第2ターミナルにある免税店が、中国人消費者だけを差別しているとする告発があった問題で、免税店を運営するWorld Duty Freeは、ツイッターの公式アカウントに謝罪文を掲載した。資料写真。
2018年2月13日、中国メディアの環球網によると、中国のインターネット上にこのほど、英ロンドンのヒースロー空港の第2ターミナルにある免税店が、中国人消費者だけを差別しているとする告発があった問題で、免税店を運営するWorld Duty Freeは、ツイッターの公式アカウントを通じて謝罪した。

報道によると、告発者はこの免税店でアルバイトしていた中国人留学生で、同店は、次回の買い物で2割引きになるクーポンを、中国人客には1000ポンド(約15万円)以上を買った場合に配布していた。一方で中国以外の国の客には79ポンド(約1万2000円)以上の買い物で渡していたという。

World Duty Freeは13日、ツイッターの公式アカウントに英語と中国語の謝罪文を掲載。「このプロモーションにおいて生じた誤解をおわびする。このプロモーションは、すべての目的地に到着する乗客に適用される。今後同様の問題が起きないよう、この点をスタッフ全員に改めて説明し強調した」とし、「私たちはこの機会に、私たちが大切にしている多くの消費者と中国の人々に改めておわびする」と謝罪した。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事