厳しい韓国の就職事情、大事なのは能力より「コネ」?=韓国ネットも共感

配信日時:2018年2月20日(火) 7時20分
厳しい韓国の就職事情、大事なのは能力より「コネ」?=ネットも共感
画像ID  957635
15日、韓国メディアによると、韓国では大学卒業後に就職した4人に1人が家族や親戚、教授などの斡旋で、いわゆる「人脈就職」をしていることが明らかになった。写真はソウル。
2018年2月15日、韓国日報によると、韓国では大学卒業後に就職した4人に1人が家族や親戚、教授などの斡旋で、いわゆる「人脈就職」をしていることが明らかになった。

「コネも能力のうち」という言葉があるほど、韓国の就職市場で人脈は必要な資格(スペック)となっている。能力のある人材を推薦するのであれば問題にはならないが、就職難の状況では能力の有無に無関係な推薦が横行し、公正な採用を損なう恐れがあるとの指摘が出ている。

韓国雇用情報院の報告書「16年大卒者職業移動経路調査の基礎分析報告書」によると、「人脈を通じた就職」の事例が全体の24.2%を占めているという。この調査は専門学校や大学を卒業して16年9月の時点で就業状態にあった38万948人を対象に実施された。

仕事を得るために最も多く利用されたのは「公開及び随時採用試験の合格」(13万1374人、34.8%)。後には「インターネット求人サイト」(8万2468人、21.9%)、「家族・親戚や知人の紹介や推薦」(5万751人、13.5%)、「学校(塾)の先生の紹介や推薦」(4万297人、10.7%)が続いている。この結果によると、人脈を通じた就職は24.2%に達している。

記事は「若者の失業率が2桁に迫り、就職寒波を越えて『就職氷河期』に悩まされている就活生たちにとって、このような人脈就職は公平性・公正性を阻害する要因となる余地がある」と指摘している。

また、中央大学社会学科のイ・ビョンフン教授も「採用には法的制裁の根拠がないと言うが、(人脈就職は)不公正な採用または企業による『強者の圧力』であるため、政府も事の重大さを認識して1日も早く対策を講じなければならない」と述べている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「教授にこびへつらう理由がこれだ」「コネは採用だけでなく昇進や報奨など人事にも影響を与えている」「民間企業ではコネは当たり前のこと」「コネ就職は韓国だけじゃないだろう?」「就職には学力より人脈の方が重要」など、コネが就職に力を持っている現状を指摘する意見が寄せられた。

また「面接を受けるために朝早く起きて準備をして、履き心地の悪い靴を履き、着心地の悪い服を着て、公共交通機関を乗り継いで会場に到着して、緊張した中で最善を尽くして面接を受ける。面接が終わって緊張が解けたらコーヒーを1杯飲みたい気持ちになり、有名なコーヒーショップに行きたいと思うけど、お金が惜しいから安いコーヒーで我慢して満足する、というのが大半の就活生の姿」と就活生のリアルな様子を紹介するコメントも見られた。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事