【ミスコンの参加者募集のお知らせ】
ミス・マンダリン・ジャパン・コンテスト2018(日本华语小姐大赛)
“あなた”の周りにいる中国語を話す可愛らしい女性、美しい女性を是非ご推薦ください!
詳細はコチラから

中国人が誇らしいと思っていた高速鉄道、実は最大の「痛点」だった?―中国メディア

配信日時:2018年2月10日(土) 7時40分
中国人が誇らしいと思っていた高速鉄道、実は最大の「痛点」?
画像ID  957437
7日、中国中央人民ラジオ局は、近ごろ中国のネット上で拡散している「中国ご自慢の高速鉄道だが、中国の製造業が抱える最大の痛点になっている」という文章に対して反論する記事を掲載した。写真は南京の高速鉄道。
2018年2月7日、中国中央人民ラジオ局は、近ごろ中国のネット上で拡散している「中国ご自慢の高速鉄道だが、中国の製造業が抱える最大の痛点になっている」という文章に対して反論する記事を掲載した。

その他の写真

問題の文章とは「中国高速鉄道が中国製造業最大の痛点」と題されたもので、その主な内容は「中国は外国企業から車両だけを買ったに過ぎず、自動制御技術やソフトウェア、重要部品は輸入に頼らざるを得ない」「自動車同様、中国企業の自主生産鉄道車両の重要部品は依然として国外から輸入しており、中国では部品を組み立て完成させているのに過ぎない」「シーメンスから全体の半分近い金額を輸入した部品を中国に組み立てることで、国産化率を計算している」「牽引システム全体において、最も核となる技術的価値が高い部分はソフトウェアシステムだが、多くの業界専門家はシーメンス、川崎重工、アルストムはこの技術を中国に移転していないと指摘している」「高速鉄道の制動システムはクノールブレムゼが独占しており、重要技術は移転されていない」といったものだ。

記事は、この文章について「これまですでに何度も転載され、拡散したことがある」と指摘。そして、これらの主張について「自主開発、自主生産の前段階で、まず外国の技術をそのまま学ぶことを主眼に置いて生産された、中国の第1世代高速鉄道列車での話。もう8年も前のことだ」「内外企業の合弁会社による市場発展のしくみを採用してきた自動車業界とは全く異なり、現在の中国高速鉄道は製品も技術もブランドも全て自前のもの。全て自分たちで開発、改良してきたものである」「『復興号』の各種ソフトウェアは、われわれが自ら開発し編集したものであり、ソースコードは自分たちの手中にある」といった理由を並べて、文章の内容を否定した。そして、「中国高速鉄道は実力によって“中国の名刺”となったのであり、間違いなく中国の誇り。デマによって先進的な中国高速鉄道を揺るがすことはできない」と主張している。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hk5***** | (2018/02/10 22:47)

    >中国の第1世代高速鉄道列車での話。もう8年も前のことだ だから昔も今も何も変わっていないということを言っているんだと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 第三者***** | (2018/02/10 12:18)

    中国は必ずと言っていいほど、初号機や試作品の1、2台を購入して評価したいと要求してくる。当然分解してコピーを製造するためである。 日本もバカではないので、それ単独でコピーしても使い物にならないようにソフトやブラックボックスの電子部品等のセットで受注する。 量産受注しても必ず合弁会社化されてハード面の材料調達や組み立て作業工数は中国で独占される。だから技術流出しない面で収益を上げるのだが、最近は技術者自体を高待遇で輸入したり、企業自体を買い取りするので脅威になってきた。技術流出防止の法整備もさらに強化が必要だと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • han***** | (2018/02/10 11:55)

    >「重要部品は輸入に頼らざるを得ない」 台車を含む足回りは日本製品を使用、最高速度を設計を度外視し無暗に上げている現状が恐ろしい、直線コースが多く揺れも少ないため事故が発生していないが経年劣化や金属疲労を中国は考慮しているのか、事故が起きれば日本製の部品と責任転嫁されそうだ。 新幹線でも台車の亀裂が発生重要インシデントが発生しているメンテナンスには十分過ぎるほどの注意を払ってもらいたい。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事