中国高速鉄道のチーフエンジニア「『日本人が教えてくれたから』と言った者には始末書を書かせる」―中国メディア

配信日時:2018年2月6日(火) 17時20分
「日本人が教えてくれたからと言った者には始末書を書かせる」
画像ID  956410
5日、中国メディア・観察者網によると、中国中央テレビの番組に出演した中国高速鉄道車両のチーフエンジニアが、「『日本人が教えてくれたから』と言った者には始末書を書かせる」とのエピソードを披露した。写真は復興号。
2018年2月5日、中国メディア・観察者網によると、中国中央テレビ(CCTV)の番組に出演した中国高速鉄道車両のチーフエンジニアが、「『日本人が教えてくれたから』と言った者には始末書を書かせる」とのエピソードを披露した。

復興号」などの中国高速鉄道列車の研究製造に携わった中車四方のチーフエンジニアの女性・梁建英(リアン・ジエンイン)氏が先日CCTVの番組に出演し、急速な発展を遂げた中国高速鉄道の舞台裏について語った。

高速鉄道の技術を外国から導入し始めた当初、中国の技術者が問題に直面するたびに、外国のエンジニアが「こうすべき」と指導するのだが、「こうすべき」理由については秘密にされた。そこで梁氏は「巨人の肩の居心地が悪いのなら、自分が巨人にならなければ」と痛切に感じたという。そして、中国の技術者たちは大量の実験や実証を通じて外国から取り入れた車両を現地に適応させるという課題の解決に導いたという。

さらに、外国から技術を学ぶ段階を終えて自主開発の段階に入ると、梁氏は「どうしてそのようにして解決するのかと質問した時に、『前に日本人がそのように教えてくれたから』と言われた。そこで、『今後私に前に誰かがそのように教えたからという話をした者には始末書を書かせる』と叱った」という。

梁氏はその理由について「設計師として他人の考えによって凝り固まってしまってはいけないと思っているから。設計師には一定の継承性が求められるという点は尊重するが、変えていくことも必要。技術全体が発展してこそ、われわれの業界には活力が生まれる」と語っている。

梁氏は、訪れた場所で必ず現地のレール交通を体験してみる習慣があるという。出張でスイスに行った際にはチューリッヒからジュネーブまで列車で移動したというが、美しい車窓風景とは裏腹に車内がひどく揺れて酔ってしまったとのこと。そこで、中国の高速鉄道は必ずみんなが快適に乗れるようにしようという思いに至ったことを明かしている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はせも***** | (2018/02/07 08:28)

    まあまだ数年は下の書き込みのように笑って済ませられるかもしれないが、なんせ彼らはそれに掛けられるヒト・モノ・カネが日本とかとはけた違いだから、日本と中国の間にある国?と同じように考えてると、痛い目みますよ。 日本が欧米を追いかけて追い抜いたように、中国は日本をそれよりも凄い勢いで追いかけてきてるわけですからね。 『日本は外国人からこんなに評価されてスゴイですね!!』っていう番組や記事みて喜んでる場合じゃないんですよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • e-3***** | (2018/02/07 05:51)

    中国高速鉄道(笑)が新幹線のパク.リだと分かっちゃう発言をすると、中国人のガラスのハートが傷ついちゃうからね。仕方ないね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事