コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国人の人情はどこに、殴られる運転手を乗客傍観―天津市

配信日時:2011年12月2日(金) 16時35分
中国人の人情はどこに、殴られる運転手を乗客傍観―天津市
画像ID  303756
1日、天津市内のバスで乗客が運転手を殴る騒ぎが起きていたことが分かった。資料写真。
2011年12月1日、台湾のNOWnewsによると、また中国人の公共心や人情に疑問を投げ掛ける事件が起こった。

本来、公共交通機関は便利で安価なことから「公共」で使用するものだが、もちろん決められたルールは守らなければならない。中国のバスは原則「前乗り後降り」だ。11月30日、天津市の浜海新区でバスの運転手が、若い男女が前ドアから降りようとするのを規定どおりに止めたところ、この男女はこれに腹を立て、自分で開閉ボタンを操作して降りようとした。それを止めた運転手を女性が殴りつけ、その後一緒にいた男性も加勢した。最終的にこの男女は前ドアを開け、降りていった。運転手は6分間にわたり殴られ、その一部始終はすべて車内の防犯カメラに録画されていた。乗客で制止するものは1人もいなかったという。

この騒動で、運転手は左目に打撲を負い、顔中血だらけになった。その後、バス会社の同僚と警察が現場に駆けつけ、運転手は病院で手当てを受けた。運転手は左目にガーゼを当て、顔面左側と頚部(けいぶ)にたくさんの引っかき傷があり、顔が赤く腫れあがった痛々しい様子で「みんながこれほど冷淡だとは思ってもみなかった」とため息をつく。外傷だけでなく、事故発生時、制止したり通報したりする乗客がいなかったことで、彼が受けた心の傷は深いという。(翻訳・編集/渡邊英子)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事