中国のプロサッカー選手、飲酒運転で裁判したら年齢詐称が発覚=9カ月の出場停止処分に―中国メディア

配信日時:2018年1月30日(火) 22時20分
中国のプロサッカー選手、飲酒運転で裁判したら年齢詐称が発覚
画像ID  953645
30日、騰訊体育など複数の中国メディアによると、中国サッカー協会は同日、中国スーパーリーグの天津権健サッカークラブに所属するMF張修維に年齢詐称があったとして、9カ月の出場停止処分を科した。資料写真。
2018年1月30日、騰訊体育など複数の中国メディアによると、中国サッカー協会は同日、中国スーパーリーグの天津権健サッカークラブに所属するMF張修維(ジャン・シウウェイ)に年齢詐称があったとして、9カ月の出場停止処分を科した。

報道によると、張は昨年8月15日に飲酒運転で事故を起こし、同年12月に天津市和平区人民法院(裁判所)から危険運転の罪で3カ月の拘留、執行猶予3カ月、罰金8000元(約14万円)が言い渡された。この裁判の過程で、張がかつて「張吉軒(ジャン・ジーシュエン)」という名前を使用していたことや、生年月日が1996年3月13日であることが確認されたという。

そこで問題となったのが張の年齢だ。過去に張吉軒の名で参加したリーグでは、生年月日が1994年3月13日で登録されていたが、2017年シーズンに天津権健サッカークラブで選手登録した際には、生年月日は1996年3月13日になっていたことが明らかになったという。

この問題について、中国サッカー協会は30日に声明を発表。「クラブや選手本人から提供された情報や状況説明、関係者への聞き取り調査、および関連の司法文書から、張修維がかつて年齢を詐称した事実があったと認定した」とし、同協会が主催する試合への9カ月間の出場停止処分を科すことを発表した。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • たまて***** | (2018/01/31 18:25)

    >過去に張吉軒の名で参加したリーグでは、生年月日が1994年3月13日で登録されていたが、 これ選手個人だけの問題か? 中国人はIDカードの携帯が義務付けられてるんだから、所属リーグが見破れないとかありえないだろ。あきらかに組織ぐるみでの犯罪なんじゃないのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事