中国人が再び自転車を愛し始めた!今や流行アイテムに―英紙

配信日時:2011年10月30日(日) 16時12分
中国人が再び自転車を愛し始めた!今や流行アイテムに―英紙
画像ID  299494
24日、英紙は「中国人が再び自転車を愛した」と報じた。自動車への移行に伴い、街を走る大量の自転車は姿を消したが、今年になり、トレンドアイテムとして自転車が再び人気を集めている。
2011年10月24日、英紙デイリー・テレグラフの上海特派員マルコム・ムーア記者はこのほど、「中国が再び自転車を愛した」と題した記事を掲載した。シンガポールの中国語メディア・星島環球網が伝えた。

自転車は数十年にわたり、中国労働者の交通手段として重宝されてきた。過去、中国の都市を流れていた自転車の川は、時代の変遷と共に枯れ果てた。

しかし、欧米や日本の流行にリードされ、今年になって新時代の中国人のトレンドアイテムとして再び人気が出てきている。今や中国の多くの生活情報誌では自転車をテーマにした表紙や記事を掲載し、街のブティックのショーウィンドーには色とりどりの特注自転車が飾られている。

上海のある自転車専門店ではロードレースやトライアスロンの愛好者が競技用自転車を購入し、毎月、上海市郊外で催される大会に参加している。この店の自転車は2万元(約24万円)ほどと高価だが、今年の売り上げは30%増だったという。これは、ここ5年ほどの自転車競技の流行により、愛好家が増えた影響だ。

かつて、50年代の中国は「自転車王国」と呼ばれ、自転車はミシンや腕時計と共に「三種の神器」とされ、80年代には、コネがないと購入できない「飛鴿」、「鳳凰」、「永久」などのブランド自転車はステータスの象徴とされた。

そして、90年代末、中国人が自動車を好きになるにつれ、これらの国有自転車工場で生産された自転車は、ほぼ4分の1が売れ残った。

かつて、「鳳凰」、「飛鴿」の自転車は駐中国大使への標準的な贈答品とされたが、これも30年前に止められた。自動車を自転車に代わる交通手段にしようとする中国人によって、90年代に生産停止にされた自転車は倉庫に押しやられていたという。(翻訳・編集/若林亜希)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事