男性の脱毛、若年化が進む=他のアジア地区よりも6〜8年早く―香港

配信日時:2011年7月25日(月) 10時3分
男性の脱毛、若年化が進む=他のアジア地区よりも6〜8年早く―香港
画像ID  290060
22日、香港の男性に頭髪の脱毛問題が発生する年齢は22〜24歳で、他のアジア地区に比べて低いことが分かった。写真は中国の発毛促進剤「章光101」の広告。
2011年7月22日、香港紙・文匯報によると、香港で男性の頭髪脱毛の若年化が問題になっている。専門医の調査によると、香港の男性に頭髪の脱毛問題が発生する年齢は22〜24歳で、他のアジア地区に比べて低くなっている。中国新聞社が伝えた。

皮膚科の専門医・侯嘉林(ハウ・ガーラム)氏の指摘では、香港男性の脱毛問題は若年化が進んでおり、最も若い患者で15歳、平均で22〜24歳で、他のアジア地区の28〜30歳に比べ、平均で6年ほど早い。今年4〜6月の患者数は前年同期比で13〜18%増加しており、候氏は年間を通じても上昇傾向が続くと予想する。

脱毛原因は遺伝のほかに、ストレス、喫煙、環境汚染、頭皮の脂の多さなど。候氏が08年に脱毛に悩む男性600人を対象に調べたところ、89%が一般男性に比べて頭皮の脂の分泌量が2倍以上あることが分かった。特に、汗を多くかく夏には、患者数が他の季節と比較して約8%増加するという。(翻訳・編集/HA)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事