【ミスコンの参加者募集のお知らせ】
ミス・マンダリン・ジャパン・コンテスト2018(日本华语小姐大赛)
“あなた”の周りにいる中国語を話す可愛らしい女性、美しい女性を是非ご推薦ください!
詳細はコチラから

<レコチャ広場>「自衛隊機が中国軍機に発砲」ネットに広がるデマ動画―中国

配信日時:2011年7月10日(日) 11時16分
<レコチャ広場>「自衛隊機が中国軍機に発砲」ネットに広がるデマ動画―中国
画像ID  288809
7日、作家の王錦思氏は、ブログでエントリー「『日本戦闘機が中国戦闘機に発砲』の動画は誰が作り出したのか?」を掲載した。写真は中国人民解放軍、東海艦隊の演習。
2011年7月7日、作家の王錦思(ワン・ジンスー)氏は、ブログでエントリー「『日本戦闘機が中国戦闘機に発砲』の動画は誰が作り出したのか?」を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

「日本F-2戦闘機が東海(東シナ海)上空で中国戦闘機に発砲」というタイトルの動画が中国のネットで話題となっている。スクランブル発進した自衛隊のF-2戦闘機が中国のY-8MPA偵察機に接近。領空から離脱するよう警告するも従わなかったため、信号弾を発射したという内容だ。

この動画が話題となり、ウェブニュースでも取り上げられるほどの騒ぎとなった。これに対し、中国国防部は明らかなでっちあげとのコメントしている。なるほど、F-2戦闘機は青空を飛んでいるのに、Y-8MPAの背景は曇り空だ。

王氏はデマ情報は国家安全保障の助けになるどころか、相手に誤解を与え過剰な反応を引き出すものと批判。扇動するのではなく理性的な対応が必要だと訴えた。必要なのは動揺することなく、軍事、国防事業の強化を進め、領土を守ることだと唱えている。(翻訳・編集/KT)

●王錦思(ワン・ジンスー)
吉林省出身、北京在住のジャーナリスト。北京大学でメディア学を専攻。日中歴史問題や抗日戦争史を研究課題としている。著書に「日本行、中国更行」。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事