<動画>航空機をバードストライクから守る 空港の番犬「パイパー」が死亡

配信日時:2018年1月12日(金) 22時20分
野生の鳥や動物は航空機にとっては「大敵」。空港の滑走路や上空を飛ぶ野鳥との衝突(バードストライク)により重大な飛行事故を引き起こす恐れがある。そのような事態を未然に防ぐため、一般的にはドローンなどのツールを使用している。
野生の鳥や動物は航空機にとっては「大敵」。空港の滑走路や上空を飛ぶ野鳥との衝突(バードストライク)により重大な飛行事故を引き起こす恐れがある。そのような事態を未然に防ぐため、一般的にはドローンなどのツールを使用している。

そんな中、米国ミシガン州のチェリー・キャピタル空港では、野生の鳥や動物を追い払う「ワイルドコントロール犬」の役割をボーダーコリーのパイパーに一任するという特別な方法を採用した。

ゴーグルにベスト、靴の着用というフル装備で、パイパーはカッコよさと可愛さを兼ね揃えており、ネット上では「最もカッコいいワイルドコントロール犬」と称賛されている。パイパーは人間と同じく週40時間勤務しており、在籍していた3年間に走った総距離は3千キロ以上、8300羽以上の野鳥を追い払った。

ところが1年前、パイパーは癌と診断され、最近になり病状が悪化。米国の現地時間3日に飼い主はパイパーが勤務していた空港へ連れて行き、同僚たちと最後のお別れをした。同日の夜、パイパーは飼い主の腕の中で静かに息を引き取ったのだった。

(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事