「90後」の男性が自主制作した自転車が「グッドデザイン賞」を受賞

配信日時:2018年1月13日(土) 6時0分
「90後」の男性が自主制作した自転車が「グッドデザイン賞」を受賞
画像ID  849247
重慶市出身の「90後(1990年代生まれ)」の楊洋さんは、小さい頃から自転車が好きだった。
重慶市出身の「90後(1990年代生まれ)」の楊洋さんは、小さい頃から自転車が好きだった。楊さんは湖南省長沙市の大学在学中に、自転車を手作りしたいと思うようになった。設計や素材選び、製造、磨き上げに至るまですべての設計工程を何度も練り直した。そして、ようやく卒業時に初の「幻想家」自転車の完成版を発表することに成功した。この自転車のボディーにはブラジル産の花梨木を使用し、ペダル部分は一般的な自転車より低く、街中で一時停止することを配慮したデザインになっている。2017年、楊さんが自主制作したこの自転車は、ドイツ「レッド ・ドット・デザイン賞」において「チャイナ・グッドデザイン」優秀賞を獲得した。中国新聞網が伝えた。(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • たまて***** | (2018/01/13 07:17)

    「レッド ・ドット・デザイン賞」で調べてみたら、2017年は5500個を超えるエントリー中、「レッド・ドット・プロダクトデザイン」賞が1406点、より優秀な「ベスト・オブ・ベスト」賞103点と、4分1以上が受賞できるみたい。「チャイナ・グッドデザイン」ってのは載ってなかったけど、中国人審査員が選んだものなんだろうか? 日本でしか有名で無い「モンドセレクション」ほどでは無いにせよ、金さえ払えばどうとでもなるような賞なんじゃない? 「モンドセレクション」の場合、金賞以外って殆ど見掛けないでしょ? 調べれば銀賞とか銅賞受賞なんてのもあるんだけど、金さえ払えば9割近くが受賞出来るらしい。 通産省が遣ってる日本の「グッドデザイン賞」も似たり寄ったり、ほんとクソみたいな賞なんだよね。商品にGマークを付けたければ年間100万円の使用量を払えって感じで、もろ役人体質の賞なんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事