あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

<尖閣問題>温家宝首相の談話が船長釈放の決め手に=日本は目的を達成との見方も―SP華字紙

配信日時:2010年9月26日(日) 12時16分
<尖閣問題>温家宝首相の談話が船長釈放の決め手に=日本は目的を達成との見方も―SP華字紙
画像ID  261867
25日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「最終的に日本は中国船長を釈放=温家宝の談話が直接的な決め手となった―中国人研究者が語る」を掲載した。写真は船長釈放を伝える25日の中国紙一面。
2010年9月25日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「最終的に日本は中国船長を釈放=温家宝の談話が直接的な決め手となった―中国人研究者が語る」を掲載した。以下はその抄訳。

尖閣諸島海域での中国漁船衝突事故から2週間余り。温家宝(ウェン・ジアバオ)首相が強硬な態度を示したことで、24日、日本は突然中国漁船船長の釈放を発表した。釈放について中国官制メディアはきわめて抑制的な報道を続けており、新華社及び中国中央電視台のニュース番組「新聞聯播」は、特集を組んでいない。大手ニュースサイトも日本メディア発表の情報以外には、中国の外交的勝利を告げる評論を掲載していない。

釈放にいたる決定には温首相の談話が決め手になった、と取材に答えた研究者たちは口をそろえている。清華大学国際問題研究所の劉江永(リウ・ジアンヨン)教授は、尖閣問題について政府指導者がこれほど強硬な発言をしたことはなかったと指摘。「日本に対してさらなる行動を取る」との発言は、日本に大きなショックを与えたと分析した。劉教授は日中がひそかに緊密なコミュニケーションをとっていたと見ており、中国側は温首相発言の重みは伝えたと考えている。

突然の釈放は、衝突事故が日本の主張するような司法の問題ではなく、政治問題であった何よりの証明だ、とシンガポールの著名な日本問題評論家である卓南生(トウ・ナムセン)氏は指摘する。日本、そして欧米メディアは事件は中国外交の勝利だと指摘するが、卓氏は日本の敗北かどうかはまだ断言できないと分析している。「日本は国内法に基づいて船長を勾留しており、目的には向かって半歩前進した。起訴すればさらに前進する。釈放はその中での半歩の後退に過ぎず、中国はやはり被害者だ。日本側は喜んでいることだろう」とコメントした。(翻訳・編集/KT)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事