あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

<W杯>鄭大世選手ら北朝鮮代表が北京の焼き肉店で豪華ランチ―中国紙

配信日時:2010年6月29日(火) 19時13分
<W杯>鄭大世選手ら北朝鮮代表が北京の焼き肉店で豪華ランチ―中国紙
画像ID  252721
28日、W杯南アフリカ大会でグループリーグ敗退となり、帰国の途に就いた北朝鮮代表選手たちが、乗り継ぎ地点である中国・北京で北朝鮮焼き肉店に立ち寄っていたことが分かった。写真は美味しそうな焼き肉。北朝鮮選手達はどんな焼き肉に舌鼓を打ったのだろうか?
2010年6月28日、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でグループリーグ敗退となり、帰国の途に就いた北朝鮮代表選手たちが、乗り継ぎ地点である中国・北京で北朝鮮焼き肉店に立ち寄っていたことが分かった。29日付で体育週報が伝えた。

記事によると、北京の繁華街にある北朝鮮式の焼き肉店から同日午後1時ごろ(現地時間)、朝鮮語を話す屈強な大男たちが出てきた。北朝鮮代表の赤いユニフォームを着ている人も数人、その中にブラジル戦の国歌斉唱で号泣した「北朝鮮のルーニー」こと鄭大世(チョン・テセ)選手の姿もあった。

しかし、気になるのは選手たちの懐事情。北朝鮮選手の年収はせいぜい144元(約1880円)程度との噂もあり、これが本当なら北京での外食など贅沢すぎてあり得ない話。しかも、選手たちが利用した店は、石焼ビビンバ30元(約390円)、冷麺20元(約260円)、燕京ビール18元(約234円)などやや割高だ。

実はこうした出費は全て国が負担しているという。選手たちがどんなに食べても自腹を切ることはないそうだ。また、W杯出場を決めた時点で選手全員にはマンションや高級車、現金ボーナスの支給も決まっており、帰国後もかなり裕福な生活が保障されているという。

このほか、安英学(アン・ヨンハ)選手、洪映早(ホン・ヨンジョ)選手、鄭大世選手といった海外組の年収は100万元(約1300万円)を超えるとも言われている。実際、選手たちは個室で昼食を取った後、うち数人は高級車に乗り込んでその場を去るという豪勢ぶりだったという。(翻訳・編集/NN)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>