ジェット・リーの美人娘に映画オファーも!シンガポール移籍は教育のため―広東省

配信日時:2010年6月17日(木) 13時14分
ジェット・リーの美人娘に映画オファーも!シンガポール移籍は教育のため―広東省
画像ID  251301
2010年6月17日、映画「海洋天堂」の上映会が広東省深セン市で行われ、主演のジェット・リーが出席した。
2010年6月17日、映画「海洋天堂」の上映会が広東省深セン市で行われ、主演のジェット・リー(李連杰)が出席した。聯合報が伝えた。

「海洋天堂」は、ここ数年チャリティー活動に専念していたジェットによる約3年ぶりの主演映画。今回はカンフーアクションを一切封印して、自閉症の息子を持つがん患者の父親という役どころを演じている。

先日、北京市で行われたプレミア上映会では、10歳と5歳になる娘2人を連れて登場したジェット。昨年はシンガポールに国籍を移し、中国のファンから非難を浴びたジェットだが、その理由について愛娘たちに「英語と中国語で教育を受けさせるため」と語り、また「自分は撮影で家にいないことが多く、家族にはより安全な環境を与えたかった」と話していた。

ジェットと妻で元女優のニナ・リー(利智)にそっくりで、幼いながらすでに美人ぶりを発揮している娘2人だが、映画界からのラブコールもすでに届いているとのこと。以前、映画出演オファーをジェットが勝手に断ったところ、それを知った長女が激怒したので、親友であるアンディ・ラウ(劉徳華)のコンサートにダンサーとして出演させ、その機嫌取りをしたという微笑ましいエピソードも明かしていた。(翻訳・編集/Mathilda
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<