コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

所得格差は米国以上、1%の人々が40%の富を独占―中国

配信日時:2010年6月8日(火) 20時26分
所得格差は米国以上、1%の人々が40%の富を独占―中国
画像ID  250269
8日、北京大学教授が記事「中国における富の集中は米国以上=1%の家庭が41%の富を独占」を中国誌に寄稿した。写真は孫を連れて作業をする中国の清掃員。
2010年6月8日、中国経済誌・財経国家週刊に、北京大学の夏業良(シア・イエリャン)教授が記事「中国における富の集中は米国以上=1%の家庭が41%の富を独占」を寄稿した。新華網が伝えた。

世界銀行の最新データによると、米国では5%の人口が60%の富を独占しているという。しかし中国における富の集中はそれ以上で、1%の家庭が41.4%の富を独占しており、中国は世界でも経済格差が最も大きく、貧富の2極化が最も進んでいる国の1つだ。

所得分配の不平等さを測る指標としてジニ係数があるが、通常0.4が警戒線とされており、それを超えると格差が顕著な社会と感じられるという。中国は09年の時点で0.47に達しており、現在その数値はさらに上昇している。都市住民1人当たりの所得は農村住民の3.3倍、上場国営企業の幹部と同一般職員の所得格差は18倍、国有企業幹部の給与と中国サラリーマンの平均給与との格差は128倍にも達する。

北京師範大学の李実(リ・シー)教授は、80年代から所得調査に参与しているが、李教授の統計によると、所得が最も多い10%の人々と最も少ない10%の人々の所得格差は、88年には7.3倍だった。これも07年には23倍にまで拡大、特に公務員の所得増が顕著で、退職金・年金ともに民間企業の2倍前後となっている。

電力、通信、石油、金融、保険、エネルギー、タバコなどの国有企業の従業員数は中国全企業の総従業員数の8%に過ぎない。しかし彼らの給与所得と給与外所得を合わせると、中国全体の給与所得の55%に達するという。(翻訳・編集/津野尾)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する