あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

「史上最も革新的な首相」、菅新首相の誕生で日中関係は切っても切れない仲に―中国紙

配信日時:2010年6月4日(金) 20時50分
「史上最も革新的な首相」、菅新首相の誕生で日中関係は切っても切れない仲に―中国紙
画像ID  249856
4日、中国紙は、日本の新首相に選出されたばかりの菅直人・民主党新代表について、「史上最も革新的な首相になる。日中関係のさらなる強化につながる」と期待感を示した。写真は「ポスト鳩山」候補3人を紹介した中国メディア。
2010年6月4日、中国紙・環球時報(電子版)は、日本の新首相に選出されたばかりの菅直人・民主党新代表について、「史上最も革新的な首相になる。日中関係のさらなる強化につながる」と期待感を示した。

同紙は、日中関係に詳しい日本JCC新日本研究所の庚欣(グン・シン)副所長の話として、菅新首相を「日本の現代政治史上、最も革新的なリーダーになる。長い間、古い官僚体質の改善に尽力してきた」と紹介。真の独立大国となることを求める日本国民の方向性とも合っていると分析した。

日中関係の今後については、これまでも積極的に日中友好を推進してきた菅氏の首相就任により、両者の関係は「切っても切れないほどの仲」になると分析。東アジアの安定にもプラスになると歓迎した。現在の日中関係は、経済が最も熱く、政治、民意の順に冷めてくるというアンバランスな構造だが、これは両国が全面的な関係改善を果たすまでの通過点に過ぎないとも強調した。

また、日本メディアが発表する世論調査で日本人の中国に対する好感度が低いのは調査対象や方法にも問題があり、実際は、知識や教養がある日本人ほど中国を尊重していると指摘。日中関係重視の考えは日本で主流化になりつつあることから、今後の両国関係は間違いなく良い方向に進んでいくとの見方を示した。(翻訳・編集/NN)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事