警察の取り締まりが厳しすぎる?!不満のタクシー運転手がストライキ―福建省福州市

配信日時:2010年4月23日(金) 21時59分
警察の取り締まりが厳しすぎる?!不満のタクシー運転手がストライキ―福建省福州市
画像ID  244966
22日、福建省福州市からタクシーが消えた。警察の交通違反取り締まりがあまりに厳格なため、運転手の多くが仕事をしようとしないのだという。写真は福州市のタクシー。
2010年4月22日、福建省福州市からタクシーが消えた。警察の交通違反取り締まりがあまりに厳格なため、運転手の多くが仕事をしようとしないのだという。台海網が伝えた。

「ここ数日、あまりにも交通違反の取り締まりが厳しい」と、あるタクシー運転手はこぼした。1日で4回もつかまった運転手もいるのだとか。1回の罰金は150元(約2050円)。4回で600元(約8210円)も支払っていては仕事にならない。また、点数がたまって免停になることを恐れる運転手もいるという。

一方で、ある市民は「タクシーはもっと交通ルールを守らなければならない」と警察を支持した。全般的に運転が荒い中国でも、タクシー運転手のマナーは特に悪いとの評価もあるようだ。

また、もともと福州市のタクシー台数が少ないこともタクシーをつかまえにくい要因となっている可能性もある。福州市のタクシー台数は3745台。ここ10年間、変化はないという。1万人あたりのタクシー台数は20台で、同規模の国内他都市(1万人あたり30台)と比べて少ない。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事