中国製エンジンと日本製エンジンにはどれほどの開きがあるのか?―中国メディア

配信日時:2018年1月10日(水) 9時30分
中国製エンジンと日本製エンジンにはどれほどの開きがあるのか?
画像ID  802210
9日、鳳凰網に、中国国産エンジンと日本製エンジンはどれほどの差があるかについて分析する記事が掲載された。資料写真。
2018年1月9日、鳳凰網に、中国国産エンジンと日本製エンジンはどれほどの差があるかについて分析する記事が掲載された。

記事は、中国の製造業は急速な発展を遂げているが、エンジンの分野では日本のレベルに及ばないのだろうかと疑問を提示。技術的に日本のレベルに達することができるかどうかと、達しようと願うかどうかは別問題だと主張した。そして、製造業は大量の資金を投入する必要があり、技術のみならずコストの問題も考慮する必要があるため、単純に技術の問題では語れないとした。

しかし、技術の観点から見ても日本と中国にはやはり差があると指摘。「金属精錬や精密な工作機械の技術レベルにおいて、中国は日本に及ばない」と記事は分析した。エンジンのような超精密な機械は少しのミスも許されず、「日本のレベルの高さを認めざるを得ない」としている。

また、技術面のほかに原材料の方面でも日本との開きがあるという。記事は、「精錬技術は製品の耐久性に影響し、エンジンの差は中国産の鉄鋼と日本産の鉄鋼の精錬技術の違いが体現されている」とした。

「中国は日本のエンジンを分解して研究しているが、このような方法は技術レベル向上には役立つものの、他のエンジンを参考にして作ったエンジンではイノベーションに欠ける」と問題点を指摘。しかし、最近では日本の製造業でデータ偽装などの問題が多発しており、「将来的に中国製が日本に勝るようになることもあり得る」と記事は結んだ。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/01/10 11:29)

    《最近では日本の製造業でデータ偽装などの問題が多発》油断してはいけないが、日本のこの記事の内実は製造業に関わっていたからわかるが、過剰品質のレベルなのだ。顧客は納期・価格・品質で脅しに近い要求をして上の上を目指そうとするので、出来ない物は出来ないというもの。 中国の記事は、本質的な基礎的なレベルの話なのだ。 車のエンジンは素材・鋳造技術・設計思想・設計技術・加工技術・工作機技術・ノウハウ・コストetcの幾段もの積み重ねが必要な技術がなのだ。重層的な要素が必要なのだ。そこへ、各段階での基礎技術の積み重ねが必要となる。 中国が何時まで経っても先進技術国になれないのは、全ての分野で基礎工学が確立がなく、いやニオイすらないので、相変わらずどこかのパクリでしか作れないのだ。学者は中国は先進技術大国にはなれないと言いきっている人がいる。エンジンが作れないから電気自動車でというのは果たして出来るのかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2018/01/10 11:27)

    >中国製エンジンと日本製エンジンにはどれほどの開きがあるのか? 天と地。ウサギとカメ。月とスッポン。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<