最も許せない街はどこ?ネットユーザーが選ぶ「中国10大怒りの都市」―中国

配信日時:2010年1月6日(水) 18時45分
最も許せない街はどこ?ネットユーザーが選ぶ「中国10大怒りの都市」―中国
画像ID  232984
2010年1月5日、紅網は、ネットユーザーが選出した「2009年中国10大怒りの都市」が注目を集めていると報じた。写真はメラミン入り粉ミルクを販売した三鹿集団。同社がある石家庄市が第7位となった。
2010年1月5日、紅網は、ネットユーザーが選出した「2009年中国10大怒りの都市」が注目を集めていると報じた。

昨年12月、新華社の雑誌・瞭望東方周刊などが主催する「2009年度中国幸福感のある都市ランキング」が発表された。杭州、成都、寧波、西安、昆明、長沙、南京、銀川、南昌、長春がトップ10にランクインした。

一方、ネットユーザーが「醜いことを許さず、都市をもっと美しくしよう」とのスローガンで選び出したのが「10大怒りの都市」。トップは昆明市。同市では「手錠解錠事件」(逮捕された窃盗犯が派出所内で死亡した事件について警察が「犯人は1元札で手錠を解錠し、靴紐で首つり自殺した」と発表、ネットユーザーからあまりにも疑わしい説明と批判を浴びた)、「小学生売春事件」、「刑務所、拘置所での謎の病死事件」などが起き、トップとなった。以下、南京、杭州、成都、上海、重慶、石家庄、深セン、鄭州と続いている。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事