コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<在日中国人のブログ>故郷はまるで異国!帰国後に再び日本に戻る中国人が1割に

配信日時:2009年12月9日(水) 13時18分
<在日中国人のブログ>故郷はまるで異国!帰国後に再び日本に戻る中国人が1割に
画像ID  229542
3日、NPO法人・日中韓経貿促進協会の専務で在日中国人のチュー・ジュエンさんは、中国のブログサイトに「日本帰りの中国人が『移民化』している」と題した記事を掲載した。写真は北京東部の中央ビジネス地区(CBD)。
2009年12月3日、NPO法人・日中韓経貿促進協会の専務で在日中国人のチュー・ジュエン(チュー=衣へんに「者」、ジュエン=娟)さんは、中国のブログサイトに「日本帰りの中国人が『移民化』している」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

法政大学社会学部の教授が実施した調査によると、日本帰りの中国人のうち、帰国後の仕事や生活環境に「慣れない」と感じる人は半数以上に上り、再び日本に戻った人も10%に達した。うち10%は日本国籍を申請している。調査対象は上海、北京、福建在住の100人。来日時の平均年齢は、北京出身者が30.9歳、上海が29.9歳、福建が28.1歳。帰国時はそれぞれ36.0歳、34.0歳、32.3歳だった。

帰国後の生活に「慣れないし不満だ」と答えた人は、北京59.8%、上海52.9%、福建38.9%。その理由は、「人間関係」「公共サービス」「生活環境」が最も多かった。例えば大学院で博士号を取得した後、来日前の職場に戻ったAさん。10年間の不在で職場の雰囲気はすっかり変わり、結局ゼロから人間関係を構築する羽目に。だが、中国人の人間関係の複雑さと多面性は日本とは全く違う。Aさんはどうして良いか全く分からず、途方に暮れている。

80年代からの急速な経済発展に伴い、中国社会も劇的な変化を続けている。そのため、海外帰りの中国人にとって、帰国後の故郷はまるで異国のように映るようだ。中国には今、こうした「移民」のような感覚で過ごす日本帰りの中国人が増えているという。(翻訳・編集/NN)

●チュー・ジュエン
日本在住の中国人。NPO法人・日中韓経済貿易促進協会専務。複数の企業で幹部を務める。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>