コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

キモカワ?重さ約6kg、ヒト型の漢方薬材が見つかる―四川省

配信日時:2009年10月29日(木) 0時2分
キモカワ?重さ約6kg、ヒト型の漢方薬材が見つかる―四川省
画像ID  225200
27日、四川省江南鎮のある農民が、ヒト型をした漢方薬材・何首鳥(かしゅう)を掘り出し、珍しい形のため大事に保存しているという。長さ62cm、重さ5.8kgにも及ぶ巨大なもので、手足・頭・胴体すべて備えている。
2009年10月27日、四川省江南鎮のある農民が、ヒト型をした漢方薬材・何首鳥(かしゅう)を掘り出した。珍しい形のため吉兆か凶兆かわからず、もう一度地中に戻し大事に保存しているという。チャイナフォトプレスの報道。

何首鳥(かしゅう)というのは強壮作用のある漢方薬材の一種で、ツルドクダミの塊根(イモや球根など、肥大した根)である。薬膳料理にも手軽に使われるようだ。このほど農民の鄭徳訓(ジョン・ダーシュン)さんが掘り起こした何首鳥は長さ62cm、重さ5.8kgにも及ぶ巨大なもので、手足・頭・胴体すべて備えたヒト型をしている。目鼻や“大事な部分”までついているのがご愛嬌だ。

知らせを聞きつけた近隣の村民らが連日にわたってこの掘り出し物を見物に来るため、鄭さんは困り果てているという。中にはかなりの高額で買い取りたいとの要望もあったようだが、鄭さんは「こんなリアルなヒト型をしていると、吉兆なのか凶兆なのかわからない。土に返してあげた方がいいだろう」として、元の場所に埋めてしまったそうだ。(翻訳・編集/愛玉)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>