<コラム>2018年に日本初上陸!フィリピンNo.1のファストフード

配信日時:2018年1月11日(木) 17時30分
2018年に日本初上陸!フィリピンNo.1のファストフード
画像ID  700110
2018年、フィリピンファストフードNo.1の『ジョリビー』が、日本へ初上陸する。日本に在住する、フィリピン人の間では、記念される初店舗の場所がどこになるのか、いろいろな噂が飛び交っている。写真は筆者提供。
2018年、フィリピンファストフードNo.1の『ジョリビー』が、日本へ初上陸する。

フィリピンでは、マクドナルドを上回る規模で、人気No.1。日本人の味覚からすると、ボヨーンとした、中途半端な甘めの味付け。スパゲティは、弾力が無く短めで、茹ですぎ。ハンバーガーも、お米も、日本の2年前のマクドナルドよりも不味いと感じる。チキンの味は、ソコソコだが少し油っぽい。

しかし、5〜10回通うと、だんだん慣れて美味しく感じることもある。クリームシチューのスープもソコソコ美味しくいただける。

24時間営業の店も多く、多くのフィリピン人に高く支持されている。100ペソ前後のセットメニューが多く、ファストフード店としては、安価な価格設定。ほとんどのショッピングセンターにも店舗がある。また、バイクでの宅配サービスも行うなど、いつでもどこでも『ジョリビー』だ。

賃金の安いフィリピンでは、スタッフの数が多く、活気のある店舗が多い。ドアにはガードマンも配置しており、セキュリティも高い。

日本に在住するフィリピン人の間では、記念される初店舗の場所がどこになるのか、いろいろな噂が飛び交っている。

同店を運営する「ジョリビー・フード・コーポレーション」は、フィリピン国内でジョリビー750店に加えグループ店を含め、約2700店を展開するフィリピン最大手の外食企業で、グループ年間売上は約2600億円(2017年見込み)を誇る。

■筆者プロフィール:LampangZ
1961年生まれ、東京出身。アジアでの体験談を中心に、どうしてこんな状況なんだろう、なぜなんだろうをお伝えします。アジアは不思議が詰まっています。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2018/01/12 00:13)

    懐かしいなぁ~、ジョリビー。 約20年前にボランティアで行った際に、地元の市長側近の方と一緒にランチを食べた店だ。 確かに記事にある通りボヨーンとした味付けだったから読んでて思わず噴いたw 本音を言えば、ジョリビーよりも通りで売っていたマンゴーとココナッツジュースの味の方がよく憶えているw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/01/11 22:45)

    日本のファストフード業界はすでに『飽和状態』だから、いまさら新規参入しても流行るかどうか無知数である。たとえば米国では人気のピザの店頭販売も日本ではあまり受け入れられていない。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事