コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本人はなぜ相撲が好きなのか?―中国メディア

配信日時:2009年4月30日(木) 17時33分
日本人はなぜ相撲が好きなのか?―中国メディア
画像ID  201681
27日、「日本人はなぜ相撲が好きなのか?」―日本に滞在経験のある中国人が、日本の国技である相撲の魅力について、桜にたとえながら解説した。写真は04年6月、大相撲の上海公演。
2009年4月27日、「日本人はなぜ相撲が好きなのか?」と題した記事がこのほど中国の教育雑誌「意林」(電子版)に掲載された。日本の国技である相撲を桜にたとえながら解説し、日本人のチャレンジ精神をたたえている。

同記事の筆者・朱輝(ジュー・フイ)さんは、かつて日本で生活しているときに地下鉄の駅で相撲の力士を見かけたことがあるという。このとき一緒にいた日本人は「あなたは運がいいわ。お相撲さんなんて滅多に見られないのよ!」と大興奮。しかし私は「ここにいる人全員、運がいいなんてありえない」と内心冷ややかだった。

ところがある日、貴乃花と曙の取り組みを見て、「太った男2人が裸でけんかする」相撲に対するイメージがすっかり変わったという。自分よりも明らかに大きい曙に立ち向かっていく貴乃花は勇気ある挑戦者そのもの。しかも見事な技を使って曙に勝ったのだ。

細かい番付のある相撲は、世界の格闘技のなかでも数少ない、体重別ではない競技だ。力士たちは長く苦しい修行時代を耐えて土俵に登るが、競技そのものの所要時間はわずか数秒から数分と短い。これは日本人の愛する桜と似ている。一年間力を蓄えて、春になると一斉に開花。そしてあっという間に散っていく姿は潔い。

日本は国土が狭く資源の乏しい国であるにもかかわらず、常に挑戦者を世界に輩出している。それは日本人が敬愛する力士のように日々努力と研鑽を惜しまず、強者に学びこれを打ち負かそうと向かっていった結果だ。日本が隣国であることは天の配剤といえる。我々は今、日本の隣人としてどうあるべきかを考えねばならない、と記事は結んでいる。(翻訳・編集/本郷)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事