コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<相撲>魅力につかれ留学へ?自己流4年間で80kgの激太り―重慶市

配信日時:2009年4月20日(月) 2時1分
<相撲>魅力につかれ留学へ?自己流4年間で80kgの激太り―重慶市
画像ID  199817
16日、重慶市に住む体重150kgの通称「デブ兄」は、日本の国技である相撲が大好きで、自己流のトレーニングをするうちに、体重が4年間で80kgも増加した。
2009年4月16日、重慶市に住む体重150kgの通称「デブ兄」は、今中国のネット上で話題の人物だ。日本の国技である相撲が大好きで、自己流のトレーニングをするうちに、体重が4年間で80kgも増加した。

大学1年生のときに相撲を知った「デブ兄」はすぐにその魅力にとりつかれた。専攻は英語だったが徐々に興味が持てなくなり、2年生になって退学した。現在はアルバイトをしながら自主トレに励む。お金をためて日本に「相撲留学」するのが夢だ。

自分でつけた四股名は「玄武」。この日はムエタイ選手と異種格闘技の試合を控え、トレーニングにも力が入っていた。(翻訳・編集/MY)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事