転んでも救えない社会、「自分で転んだ!」と老人が必死にアピール―中国

配信日時:2009年2月25日(水) 5時56分
転んでも救えない社会、「自分で転んだ!」と老人が必死にアピール―中国
画像ID  190670
23日、転倒した老人を助けて逆に訴えられるケースが頻発したことで、転倒した人を進んで助けることを躊躇する風潮が中国各地で定着しているという。写真はバスに乗車する南京市民。
2009年2月23日、南京晨報によると、江蘇省南京市で22日、75歳になるお年寄りがバスを降りる際に転倒した。ところが、誰もそれを助けようとしないばかりか、転んだ老人は自ら「自分で転んだんだ、安心してくれ!」と周囲にアピール。それを聞いて、周囲の人たちはようやく老人を助け始めた。

こうした奇妙な状況が起きる背景には、ある事情がある。南京市で07年、つまずいて転倒した老婆をある男性が助けたところ、逆に男性に突き飛ばされたと老婆から訴えられ、数万元もの慰謝料を請求される事件が起きた。また08年にも、浙江省温州市で、転んで気を失った老人を病院へ運んだタクシー運転手が、意識を取り戻した老人から訴えられ、賠償請求されている。河南省でも、転んだ老婆を助けた女性が「あんたが私を突き飛ばしたのか!」と責められ、警察沙汰になる事件が起きている。

こうした事件が頻発した結果、中国ではこのところ、転倒した老人を進んで助けることを躊躇する風潮が定着してしまっているという。

何とも悲しい話だが、言いがかりをつけた老人が痴ほう症なのか? それとも、わざと交通事故を起こし、示談金をだまし取る「当たり屋」的な発想なのか?根底にあるものはいったい何なのだろうか。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • oka***** | (2016/11/04 12:57)

    世界中で最も信用されていない国は中国、韓国、北朝鮮で、世界中で中国人を最も信用していないのは中国人。 幼児が乗った三輪車の前に寝転んで、「轢かれた、怪我した、痛い」と大騒ぎして金を脅し取ろうとするような人種なんだから、信用出来なくて当たり前。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事