【ミスコンの参加者募集のお知らせ】
ミス・マンダリン・ジャパン・コンテスト2018(日本华语小姐大赛)
“あなた”の周りにいる中国語を話す可愛らしい女性、美しい女性を是非ご推薦ください!
詳細はコチラから

<続報>中国船撃沈は合法、全責任は船長にあり―ロシア外交部

配信日時:2009年2月20日(金) 22時58分
<続報>中国船撃沈は合法、全責任は船長にあり―ロシア外交部
画像ID  190046
19日、ロシア外交部は声明を発表し、中国の貨物船「新星号」への発砲は合法的なもので、同船が沈没して犠牲者が出た全責任は貨物船の船長にあると主張した。
2009年2月20日、環球時報によると、ロシア外交部は19日、中国貨物船「新星号」へのロシア国境警備隊による発砲と同船撃沈について声明を発表。同国国境警備隊の発砲は合法的なものであり、「新星号」の沈没と行方不明になった乗組員に対する全責任は同船の船長が負うべきだと主張した。

その他の写真

19日付のロシア「インタファックス通信」によると、ロシア外交部アンドレイ・ネストレンコ報道官は「この事件が引き起こした悲劇について我々は深い遺憾の意を表明する。だがすべての責任は『新星号』船長にある」と発言。「『新星号』はロシア領海を違法に通過しており、我が国の国境警備隊が13日早朝に同船に対し停船を要求したがこれを無視。その後も警備隊のあらゆる呼びかけにも応じなかったため、現地時間午前10時10分に威嚇発砲。だが同船はなおも前進を続けた」

「午前10時51分、ロシア側はやむを得ず再度発砲。午後5時10分、中国船の操舵室を狙って発砲した結果、同船はようやく停止した」と説明。さらに同報道官は「中国船はロシア国境警備隊の数時間にわたる粘り強い説得にも応じなかった。悪天候で沈没した中国船の乗組員をロシア側は全力で救出。ただし当時の海は大荒れだったため沈没する同船には近づけず、その結果8人が行方不明になった」と語った。(翻訳・編集/本郷)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事