<鳥インフル>中国政府、速やかな情報公開で拡大防止図る―米メディア

配信日時:2009年1月28日(水) 0時32分
<鳥インフル>中国政府、速やかな情報公開で拡大防止図る―米メディア
画像ID  185170
25日、鳥インフルエンザで今年4人目の死者を出したばかりの中国が、かつてないほど速やかな情報公開で拡大防止に努めていると米メディアが報じた。写真は10日、鳥インフルエンザ防止のため消毒液が撒かれる北京のゴミ埋立処分場。
2009年1月25日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカの中国語版は、鳥インフルエンザで今年4人目の死者を出したばかりの中国が、かつてないほど速やかな情報公開で拡大防止に努めていると報じた。

中国衛生部は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市の女性(31)が鳥インフルエンザに感染し、死亡したと発表。翌25日には国営新華社通信が、貴州省の男性(29)が鳥インフルエンザに感染し、重体となっていると報じた。これで今年に入って鳥インフルエンザの感染者は6人となり、死者は4人に達した。

新華社は同日、「政府は全力で拡大防止に努めている」と強調する記事を掲載。春節(旧正月)の帰省ラッシュに入り感染拡大を心配する国民に向け、「安心するよう」アピールした。中国衛生部や農業部、国家工商総局も鳥インフルエンザの感染が確認されてすぐ、生きた家禽類を扱う市場に対する監視・監督を強化する旨の通知を公布。感染が確認された市場の経営者に対し、迅速な報告と感染源の追及を義務付けた。

また、人から人への感染については、世界保健機関(WHO)北京事務所の報道官は「中国では今のところ確認されていない」と述べた。一方、鳥インフルエンザに感染した家禽類の感染源はいまだに特定されていない。(翻訳・編集/NN)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事