あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

<鳥インフル>感染の乳児、感染地は深セン市と断定―香港

配信日時:2009年1月2日(金) 7時5分
<鳥インフル>感染の乳児、感染地は深セン市と断定―香港
画像ID  180412
08年12月31日、広東省深セン市衛生局は同月29日に香港の病院で鳥インフルエンザの感染が確認された香港籍の乳児について、感染地は深セン市内であると発表した。写真は同省江門市の家禽市場。
2009年1月1日、広州日報によると、広東省深セン市衛生局は前日の31日、香港の病院にて29日に鳥インフルエンザに感染していると診断された香港籍の乳児について、その感染地は同省深セン市であることを認める発表を行った。

乳児の自宅は深セン市南山区沙河街道下白石新村。昨年12月22日に具合が悪くなり、深セン沙河医院、南山区人民医院、深セン市児童医院でそれぞれ治療を受けたが治らず、12月29日に香港の屯門医院でH9N2型鳥インフルエンザの感染が確認された。

この報告を受けて、深セン市疾病予防控制中心(抑制センター)は患者である乳児と接触した母方の祖母と各病院の看護士ら9人と、自宅付近の鶏肉専門レストランの従業員4人に対し血液検査を実施。これまでのところ乳児以外の感染者は確認されていない。

深セン市と南山区の関係機関は、乳児の住居とその周辺、訪れた各病院の消毒をすでに終了している。現在、乳児とその両親は香港滞在中であり、深セン市の自宅には母方の祖母1人が住んでいる。(翻訳・編集/本郷)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事