韓国のイメージのため!政府が平昌五輪に合わせて犬肉料理を提供しないよう要請も、ほとんどの飲食店が拒否―仏メディア

配信日時:2018年2月9日(金) 22時20分
韓国政府が犬肉料理の提供停止を要請も、冷たくあしらわれる
画像ID  621406
8日、平昌冬季五輪に合わせ、韓国政府が期間中は犬肉の販売や犬肉料理の提供を中止するよう求めたにもかかわらず、平昌市内で求めに応じたレストランはわずか2軒にとどまっている。 写真は犬肉料理。
2018年2月8日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、平昌冬季五輪に合わせ、韓国政府が期間中は犬肉の販売や犬肉料理の提供を中止するよう求めたにもかかわらず、平昌市内で求めに応じたレストランはわずか2軒にとどまっているという。

同市関係者によると、犬肉料理の販売中止は市内12カ所のレストランに呼び掛けたが、大半が反発。応じたレストランは2軒にとどまっているという。一部のレストランは犬肉の代わりに豚肉を使って料理を出しているが「もうけは少なくなった」と不満を募らせている。

韓国では1988年のソウル五輪期間中、政府が各地のレストラン大手に犬肉料理の提供中止を要求。国際社会にマイナスイメージを与えるのを防いだ。韓国メディアによると、韓国では年間約250万匹の犬が食用にされ、犬肉のスープ「ポシンタン」などとして食べられているという。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • TAV***** | (2018/02/23 23:08)

    韓国を擁護する意図は無いが、犬を食おうが猫を食おうがそれは食文化の一つに過ぎない。自分達が口にしないものを食す文化を批判したり嘲る事はそれこそ「三等愚民国家の韓国人」と同じレベルの思想や薄識に堕している事になる。 一例として敬虔なイスラム教徒が豚肉を食せず、それを口にする者を蔑む事と変わる処は無い。蔑まれたからと言って恥じる必要は当然に無い。(イスラムを批判する意図は無い) 犬食などより恥ずべき愚行は職業*売*春*婦*を奇怪な迄に祀り上げ韓国全土に「慰安婦少女像」なる不細工な表情の「観音様像?」を建立して悦に入る行為だろう。国を挙げてのカルト邪教そのものなのだから、犬肉料理の皿を神聖な慰安婦少女観音様像に捧げては如何か? まあ、バチカンとも東方正教会とも一切の所縁の無い偽キリスト教が蔓延る愚民国家でもあるし、それだけでもイスラムが蔑む豚肉食以下のの愚劣な存在と言って過言ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<