次々に行き詰まる「一帯一路」のプロジェクト、中国が反省すべき3つの点とは―米華字メディア

配信日時:2017年12月7日(木) 8時20分
次々行き詰まる「一帯一路」プロジェクト、中国が反省すべき3つの点
画像ID  615962
5日、米華字メディア・多維新聞は、現在中国が進めている「一帯一路」戦略に三つの反省すべき点があるとする記事を掲載した。資料写真。
2017年12月5日、米華字メディア・多維新聞は、現在中国が進めている「一帯一路」構想に三つの反省すべき点があるとする記事を掲載した。

最近、パキスタン、ネパール、ミャンマーと中国企業による三つの水力発電プロジェクトが相次いでキャンセルとなったことについて、記事は「『一帯一路』構想がダメージを受けたという見方が出ている。この判断は時期尚早とはいえ、中国政府は確かに今回の件から反省しなければならない」と指摘する。

まず1点目は、中国が多くのプロジェクト実施を急ぐあまりにリスクへの意識が不足していること。記事は最も典型的な事例として、アフガニスタンのメス・アイナク銅鉱を挙げ、「受注したものの安全の確保ができないため作業が進まなくなった」とした。また、ベネズエラの高速鉄道プロジェクトについても、「現地の経済状況が考慮されないままの受注となり、頓挫している」と伝えた。

2点目は、地政学や国家間紛争によりプロジェクトの進行に遅れがでていること。ネパールの水力発電プロジェクトが白紙になった大きな背景には、中国と対立関係にあるインドの影響力があると記事は論じた。

3点目は、中国による投資プロジェクトが政治的な色彩を帯び過ぎていること。記事は「市場の力ではなく、政府の主導でプロジェクトが決定されるため、リスクが大きくなる」と指摘。「典型的なのはサウジアラビアのライトレール建設で、政治的な理由から極端に低い入札価格を提示して受注したことにより、中国に41億4800万元(約705億円)の赤字が生じた」と説明している。

記事は「中国がもしこれらのプロジェクトの失敗を反省せず、これまでと同じような姿勢で進めるようであれば、近い将来、『一帯一路』構想は頓挫することになるだろう」と予測した。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • wak***** | (2017/12/07 15:54)

    一帯一路=貧帯貧路 中国が金に物言わせて 対象国の権力者を賄賂で籠絡し それらの国の実験を全て握る そういうシステムだろ?
    このコメントは非表示に設定されています。
    57 3
  • G.M***** | (2017/12/07 11:18)

    だって、こんなもん、アドルフ・ヒトラー「ゲルマン民族の優越」、ではなく、一党独裁中国共産党習近平総統閣下の「中華民族の復活」のためにやってるんでしょ?そんなもんうまくいくわけがない。心が不純すぎる。腹黒さが丸見えじゃないですか。武力ではなく、銭金で侵略を図ってるわけですよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    68 5
  • 大高富***** | (2017/12/07 10:25)

    発展途上国の為と称しながら、中国の利益しか考えない一帯一路構想やAIIB等では、この様なことは当初より予想され驚くことではありませんが、懸念されるのは今後日本が、国益や税金の費用対効果を考えない一部の”お人好し”自民議員や外務官僚等の”義侠心”等の尻馬に乗ってのこのこと出て行って最後に“ババ掴み”となることです。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事