中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ―米華字メディア

配信日時:2017年12月5日(火) 17時50分
中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ
画像ID  615509
4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。資料写真。
2017年12月4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。

パキスタン、ネパール、ミャンマーの3カ国はこのほど、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表した。これは総額200億ドル(約2兆2500億円)規模の大型プロジェクトだ。

パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5754億円)の受け入れを拒否。ネパールは25億ドル(約2813億円)規模の水力発電事業について、合弁相手の中国企業が「重大な財務違反を犯した」として事業取り消しを決定。ミャンマーも「大型水力発電所には関心がない」と表明したという。

専門家は「今回中止された三つの案件は、それぞれ背景や原因が異なる。しかし、周辺の発展途上国は中国に大型インフラ事業を引き渡す代償は大きいと気付いたのだろう」と指摘しているとのことで、記事は「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2017/12/05 22:32)

    この記事は事実なのか?疑わしいこともあるが。 大体、一帯一路構想は阿保の習近平が思いついたことで、周辺国を発展させるというお題目だが、そんな高尚なものではなく、有り余った国営企業の在庫を消化したいだけの、ローレベルな発案なのだ。 大体、2千年3千年前から南シナ海が中国の領土と言いだした時から、一日本人であるが筆者は中国の国家元首の習近平を《阿保》と称して憚らなくなりました。筆者より数歳年下で殆んどきちんと勉強もしてこなかった様子なので、一人間としては阿保扱いです。大体教養がない。 AIIBも設立思想が低すぎて、設立する経済的実力もないのに、見てくればかり、13億の人口と広大な土地を背景に粋がっているが、中身は何もない張りぼてなのだ。 それを称賛している元首相の鳩山由紀夫は完全なる阿保で、日本の恥だ。中国に移民せよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2017/12/05 20:10)

    今日日本の政府が褒めて関心を示している記事を呼んだばかりなのに^^まーリップサービスだったと言えばいいかもね^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2017/12/05 18:00)

    >「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」 周辺国も気づき始めたようですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事