何があった?ドイツ企業が中国から大量撤退の可能性―中国

配信日時:2017年12月4日(月) 7時0分
何があった?ドイツ企業が中国から大量撤退の可能性
画像ID  614242
30日、環球時報は記事「ドイツ企業が大挙中国撤退と脅し、その理由がなんともまか不思議だった」を掲載した。「中国ドイツ商会」は、このままではドイツ企業が中国から大挙撤退する可能性もあるとの脅しめいた文章を掲載した。いったい何が起きているのか。
2017年11月30日、環球時報は記事「ドイツ企業が大挙中国撤退と脅し、その理由がなんともまか不思議だった」を掲載した。

在中ドイツ企業が加盟する「中国ドイツ商会」は、このままではドイツ企業が中国から大挙撤退する可能性もあるとの脅しめいた文章を掲載した。いったい何が起きているのか。中国の「企業法」では3人以上の中国共産党員が社員として所属する企業では、党員が求めた場合、党支部を設立する義務がある。先日ドイツ大使は「中国政府は企業の党支部に経営での発言権をもたせるよう要求している」と明かし、このままならば集団撤退につながりかねないと警告した。中国ドイツ商会もこの大使の発言を紹介する形で文章を掲載している。

環球時報はすでに党支部を設立した外資企業にこのような圧力が存在するのか取材したが、経営面に干渉するような動きはないとの回答で、ドイツ大使および中国ドイツ商会の発言は現実とはかけ離れた、まか不思議なものとしか言いようがない、としている。(翻訳・編集/増田聡太郎
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • のみと***** | (2017/12/04 12:43)

    中国では中国に進出した外資系企業は必ず役員に現地の中国人を入れなければいけなくて議決権を中国側に握られています そして中国で営業する外資系企業は必ず中国側に自社の技術の開示をしなければならずこのせいで中国に技術が流出しました。さらにふざけたことに外資系企業は中国にある資金を自由に国外に持ち出すこともできません。ですから撤退するときは全ての資金を捨てて夜逃げするように撤退するしかありません これらは全て中国の法律で決まっていてトヨタ、日産、VW皆やらされています そうしないと営業できないのです こんな不公平なことは他の国では許されていませんが中国だけはずっと続けています
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/12/04 09:38)

    古代文明からま~だ進化してない支邦国・習王朝という摩訶不思議な国の摩訶不思議な政策は「世界のどの国においても企業に対して要求するようなことではない」と思うのが当然で、なぜ企業運営に政府が口出ししてくるのか摩訶不思議過ぎて受け入れられるワケねーよな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RRS***** | (2017/12/04 08:43)

    ”まか不思議なものとしか言いようがない” 「ごまかし」としか言いようがない!! 上物一式借地権期間が過ぎれば大もうけ、 誰も買わなきゃ捨ててゆくさ。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事